キャンペーン

NEW次世代シーケンス(MiSeq)向け細菌叢解析用PCRキット半額キャンペーン

キャンペーン期間:2017年5月8日~2017年7月31日

本キットは、16S rRNA遺伝子のV3-V4領域を増幅するための1st PCR用プライマーとPCR酵素をセットにしてご提供いたします。Nextera XT Index Kit(イルミナ社)を組み合わせてご使用いただくことで、より簡便に安定した解析データを取得できます。
本キャンペーンでは特別価格でご提供いたします。この機会にぜひご検討ください。
食生活や病気による
腸内フローラの変化を調べたい!
  
土壌・環境水にどのような細菌がどれくらい存在しているかを調べたい!

次世代シーケンサーを用いた細菌叢解析(16S rRNA遺伝子解析)が最適です。

次世代シーケンス(MiSeq)向け細菌叢解析用PCRキット半額キャンペーン

50%OFF

対象製品

メーカー
略称
製品コード 製品名 容量 通常価格
(税別)
キャンペーン価格
(税別)
別キャンペーン個数 発注
メモ
キャンペーンユニットID 対象リストID 製品ID
TKR R161A 16S (V3-V4) Metagenomic Library Construction Kit for NGS 50回 ¥96,000 ¥48,000
TKR R161B
(A×2)
16S (V3-V4) Metagenomic Library Construction Kit for NGS 100回 ¥180,000 ¥90,000
(注)ライブラリー作製には、本キットの他、以下の製品もご用意ください。
 ・Nextera XT Index Kit(イルミナ社)
 ・Agencourt AMPure XP(Beckman Coulter社)

■ キットの特長

■ 品質検定済みの試薬でより安定した解析データに

腸内・口腔内環境の変化による細菌叢構造の変化を正確に把握するには、常に一定品質のライブラリーを調製して解析することが重要です。
本製品は、イルミナ社が推奨している16S rRNA遺伝子 V3-V4領域を増幅するための1st PCR用プライマーとPCR酵素をセットにしてご提供いたします。
お客様ご自身での試薬の管理や品質チェックが不要となり、Nextera XT Index Kit(イルミナ社)を組み合わせてご使用いただくことでより簡便に安定した解析データを取得できます。

■ Tks Gflexの採用でPCRの増幅バイアスを低減

Tks Gflex DNA Polymeraseは、タカラバイオが持つ独自の酵素デザイン技術を駆使した、増幅成功率が極めて高いPCR酵素です。
増幅領域のGC含量など内部配列の違いによる影響をほとんど受けないため、サンプル中の細菌DNAの構成比を保ったライブラリーを調製できます。
これにより増幅時のバイアスの少ない、より正確な細菌叢構造のデータ取得が可能になりました。

■ MiSeq(250 bpペアエンドリード)での解析に最適な16S rRNA遺伝子V3-V4領域を採用

MiSeq 250 bpペアエンドでシーケンスすることにより、リードにエラーが入りにくくフィルタリングで除かれるリード数を削減することができ、より多くのリードを情報解析に利用することができます。


細菌叢解析の流れについては、チラシPDF裏面をご覧ください。

※次世代シーケンスの受託サービスも行っております。詳しくは以下のページをご覧ください。
16S rRNA PCRサンプルの解析(細菌叢解析)

関連製品

製 品 名 容 量 製品コード 価格(税別)

糞便試料用ゲノムDNA精製カラム

NucleoSpin DNA Stool
50回
740472.50
¥40,000

土壌試料用ゲノムDNA精製カラム

NucleoSpin Soil
50回
740780.50
¥43,000
250回
740780.250
¥178,500

サーマルサイクラー

TaKaRa PCR Thermal Cycler Dice Touch
一台
TP350
¥580,000
TaKaRa PCR Thermal Cycler Dice Gradient
一台
TP600
¥550,000

アガロース電気泳動装置

Mupid-2plus
一式
M-2P
¥40,760
Mupid-exU
一式
EXU-1
¥56,950
Mupid-One
一式
O1-01
¥62,000

アガロースゲル

Agarose L03「TAKARA」
100 g
5003
¥17,000
500 g
5003B
¥78,000
PrimeGel Agarose PCR-Sieve
100 g
5810A
¥48,000

【参考情報】
16S rRNA遺伝子V3-V4領域をTks Gflexで増幅した結果が、最も忠実に元サンプルの細菌叢構造を反映していることを示唆したデータは、第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会合同大会にてポスター発表しております。
演題:3LBA007「The effect of DNA Polymerase on the assessment of bacterial community analysis」
演者:木口 悠也1、蘆田 尚子1、辻本 善政1、嶌田 雅光1、北川 正成1 (1.タカラバイオ・バイオメディカルセンター)

▲このページのトップへ