この画面を閉じる

文献元のページへ

TaKaRa qPCR Norovirus (GI/GII) Typing Kit

参考文献

  1. Kapikian, A. Z., Wyatt, R. G ., Dolin ,R., Thornhill, T. S., Kalica, A. R. and Chanock, R. M. Virol.,(1972) 10, 1075-1081.
  2. Siebenga, J. J., Vennema, H., Duizer, E. and Koopmans, M. P., Emerg In fect Dis. (2007) 13, 144-146.
  3. Oogane T., Hirata A., Funatogawa K., Kobayashi K., Sato T., and Kimura H., Jpn J Infect Dis., (2008) 61, 423-424.
  4. Kojima, S., Kageyama, T., Fukushi, S., Hoshino, F. B., Shinohara, M., Uchida, K., Natori, K., Takeda, N. and Katayama, K., J Virol. Methods, (2002) 100, 107-114.
  5. 厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課長:ノロウイルス検出法について.平成15年11月5日,食安監発第1105001号 (2003)
  6. 厚生労働省医薬食品局食品安全部長:大量調理施設衛生管理マニュアル.平成9年3月24日衛食第85号別添、平成20年6月18日食安発第0618005号 (2008)
  7. アプライドバイオシステムズジャパン株式会社:リアルタイムPCR法によるノロウイルスの病原診断の有用性と課題ーFAST PCR及びOne-Step RT-PCRへの対応ー
  8. タカラバイオ株式会社:リアルタイムRT-PCR法によるノロウイルス(NV)検査の現状について
  9. リアルタイムRT-PCR法によるノロウイルスの定量的迅速検出 藤井聖士他、Jpn. J. Food Microbiol.,(2011) 28(2), 139-142.

この画面を閉じる