この画面を閉じる

Q&A

Q&ATopへ

PromoCell社 ヒト肝細胞 (販売終了)Q&A

Q1 ヒト肝細胞(HHpC)(製品コード C-12850:販売終了)を単離する組織の入手方法は?
A1 肝臓組織は肝臓ガンなどの外科手術で入手しています。手術を通して、腫瘍組織と一緒に周りの非腫瘍組織の一部も切除されます。この非腫瘍組織を細胞の単離に使用しており、細胞は単離後速やかに凍結されます。

Q2 ヒト肝細胞はin vitroの培養で増殖するか?
A2 いいえ。ヒト肝細胞は培養中に増殖しません。しかし、Hepatocyte Growth Medium(製品コード C-25010、C-25110)で約2週間接着を維持することが可能です。ほとんどの研究者は代謝能の高い「新鮮な」肝細胞を必要とするため、数時間から数日の短期間に実験を終了しています。

Q3 ヒト肝細胞はどうやって培養するのか?プラスチック製の培養プレートに接着するか?
A3 PromoCell社のヒト肝細胞(HHpC)は、数時間の浮遊培養、またはコラーゲン(Type I)コートの培養プレート上で2~3週間の接着培養が可能です。
PromoCell社ではHepatocyte Growth Medium(製品コード C-25010、C-25110)を使用した場合、50%の接着を保証しています。細胞融解後の推奨播種密度は150,000 viable cells/cm2で、4時間後に最初の培地交換を行います。

Q4 Hepatocyte Growth Medium(製品コード C-25010、C-25110)Hepatocyte Maintenance Medium(製品コード C-25020、C-25120)の違いは?
A4 Hepatocyte Growth Medium は、肝細胞の長期培養に必要な全ての成長因子とサプリメントを含む無血清培地で、細胞融解後の培養に使用します。培地に含まれるサプリメントが実験の目的に合わない場合は、細胞が接着した後、Hepatocyte Maintenance Mediumに交換することが可能です。この培地はインシュリンとデキサメタゾンを含んでいます。ただし、Hepatocyte Maintenance Mediumで3日を超える培養はできません。
この画面を閉じる