この画面を閉じる

Protocols

DNA Ligation Kit <Mighty Mix>

【3】直鎖状DNAの分子内ライゲーション (self circularization) の場合

使用方法は、「【1】プラスミドベクターに外来DNAを挿入する場合」と同じです。
<使用例> pUC118 Hinc II 断片のセルフライゲーション
pUC118をHinc II 消化したDNA断片 (250 ng, 5'末端リン酸化)をプロトコールに従って16℃で30分反応させた。この反応液の一部でE.coli JM109コンピテントセル (1.1×109 cfu/μg pUC118) 100 μlを形質転換した。

DNA量形質転換効率 (cfu/μg vector)
17 ng 1.2 × 107
この画面を閉じる