この画面を閉じる

Protocols

NucleoSpin® RNA Virus

血清、血漿、無細胞生体液からのウイルスRNA抽出プロトコール

1サンプルの溶解
サンプル(血清、血漿など無細胞生体液)150 μlにLysis Buffer RAV1(Carrier RNAを含む)*1を600 μl添加し、vortexでよく混和する。70℃で5分間インキュベートする。
70℃でのインキュベート後、サンプルが濁っている場合は、11,000×gで1分間遠心後の上清を使用する。
2エタノールの添加
エタノール(96~100%)を600 μl添加し、10~15秒間vortexでよく混和する。
3カラムへの吸着
Nucleospin RNA Virus Column(青色のリング)をCollection Tubeにセットする。カラムに、2.のサンプルを700 μl添加し、8,000×gで1分間遠心する。ろ液を捨てる。カラムを新しいCollection Tubeにセットし、残りのサンプルを添加し、8,000×gで1分間遠心する。ろ液を捨てる。
4メンブレンの洗浄
1回目の洗浄
Wash Buffer RAW 500 μlをカラムに添加し、8,000×gで1分間遠心する。ろ液を捨てた後、再び同じCollection Tubeをセットする。
2回目の洗浄
Wash Buffer RAV3*2 600 μlをカラムに添加し、8,000×gで1分間遠心する。カラムを新しいCollection Tubeにセットする。
3回目の洗浄
Wash Buffer RAV3*2 200 μlを添加し、11,000×gで2~5分間遠心する。
5RNAの溶出
カラムを1.5 mlのマイクロチューブ(各自で用意)にセットする。
あらかじめ70℃に温めておいたRNase-free H2O 50 μlをカラムに加え、室温で1~2分間静置する。
11,000×gで1分間遠心する。
溶出したRNA溶液は、-20℃または-70℃で保存する。
*1Lysis Buffer RAV1(Carrier RNAを含む)
Lysis Buffer RAV1 1 mlを Carrier RNAのチューブに加え、Carrier RNAを溶解する。溶解したCarrier RNA溶液をLysis Buffer RAV1のボトルに戻し、混合する。
Carrier RNAを含むLysis Buffer RAV1溶液は、室温で1~2週間保存可能。4℃では4週間、長期で保存する場合は、-20℃で保存する。
4℃以下で保存した場合、沈殿を生じる場合がある。その場合は、溶液を40~60℃で温めて(5分以内)沈殿を溶解してから使用する。
*2Wash Buffer RAV3
Wash Buffer RA 3(Concentrate) 12.5 mlあたり96~100%エタノール 50 mlを添加する。
この画面を閉じる