この画面を閉じる

Protocols

NucleoSpin® cfDNA XS

血漿、血清からの循環DNA精製プロトコール

NucleoSpin® cfDNA XS(製品コード 740900.10, 740900.50, 740900.250)
 高感度法迅速法
試薬の準備
  Proteinase K溶液*1が添付の英文説明書に従って調製されていることを確認する。
 
1.サンプルの準備
240 μlの血漿、血清をマイクロチューブ(各自で用意)に用意する。
200 μlの血漿、血清をマイクロチューブ(各自で用意)に用意する。
1a. Proteinase K処理
(オプション)
Proteinase K溶液*1 20 μlを添加し、37℃で10分間保温する。
 
2. Bufferの添加
Buffer BB 360 μlを添加する。
Buffer BB 300 μlを添加する。
3. Bufferの混合
3回転倒混和した後、vortexで3秒間激しく撹拌する。撹拌後スピンダウンして蓋に付いた液を落とす。
4. カラムへの吸着
NucleoSpin cfDNA XS ColumnをCollection Tube(2 ml)にセットする。
3の溶液600 μlをカラムに加えて、2,000×g、30秒間、続いて11,000×g 5秒間遠心する。
ろ液、Collection Tubeを捨て、新しいCollection Tubeにカラムをセットする。
NucleoSpin cfDNA XS ColumnをCollection Tube(2 ml)にセットする。
3の溶液500 μlをカラムに加えて、11,000×g、30秒間遠心する。
ろ液、Collection Tubeを捨て、新しいCollection Tubeにカラムをセットする。
5. メンブレンの洗浄
1回目の洗浄
Buffer WB 500 μlをカラムに添加し、11,000×gで30秒間遠心する。
ろ液、Collection Tubeを捨て、新しいCollection Tubeにカラムをセットする。
 
2回目の洗浄
Buffer WB 250 μl をカラムに添加し、11,000×gで3分間遠心する。
ろ液、Collection Tubeを捨て、新しいマイクロチューブ(1.5 ml:各自で用意)にカラムをセットする。
6. DNAの溶出
Elution Buffer 20 μlをカラムに添加し、11,000×gで30秒間遠心し、DNAを溶出させる。
7. 混入エタノールの除去
チューブのフタをあけて、90℃で8分間加熱する。
 
*1Proteinase K溶液の調製法(740900.10(10回用)の場合)
Proteinase K(凍結乾燥品)のチューブに、添付のProteinase Buffer PB 260 μlを添加して完全に溶解させる。
Proteinase K溶液は-20℃で6ヵ月安定である。


<注意>
使用時には、詳細は必ず添付の英文説明書をご確認ください。

*1 は、製品コード 740900.10(10回用)の場合の調製法です。
製品コード 740900.50(50回用)、740900.250(250回用)の場合の調製法は英文説明書をご参照ください。
この画面を閉じる