この画面を閉じる

Application

In situ Apoptosis Detection Kit

細胞染色およびフローサイトメトリーでの検出

IFN-γを1000 U/mlになるように添加してU937細胞を三日間培養した後、100 ng/ml(終濃度のAnti-Fas(CH-11)を培地に添加してアポトーシスを誘導した。細胞染色および蛍光検出での操作法に従った。

図 蛍光顕微鏡での観察 Anti-Fas添加8時間後のU937細胞

図 フローサイトメトリーでの検出 Anti-Fas添加後のU937細胞の経時変化
この画面を閉じる