この画面を閉じる

Application

Kilo-Sequence用 Deletion Kit

Exonuclease IIIによる一本鎖化速度の確認

pUC119の Pst I siteにColE1 DNAのPst I断片(約5.3 kbp)をクローニングしたプラスミドを材料とした(図1)。このプラスミドをKpn I 、Xba I で切断し、Kilo-Sequence用Deletion Kitを用いてデレーション操作を行った。図2はExonuclease III で37℃、0~10分間消化後、Mung Bean Nucleaseで処理し、Hind III で切断したものである。ベクターのpUC119はそのままで、挿入されたColE1 DNAのみが1分間におよそ300 bpずつ削られていることがわかる。

図1 ColE1 DNAのPst I断片をクローニングしたpUC119

図2 Exonuclease III、Mung Bean Nucleaseで処理後、Hind III 切断した結果

この画面を閉じる