この画面を閉じる

Application

腸炎ビブリオ検出用 Primer Set

腸炎ビブリオ病原因子遺伝子の検出

腸炎ビブリオの耐熱性溶血毒遺伝子および耐熱性溶血毒類似毒素遺伝子の各陽性株を用いた実験例を示す。
■ 反応液組成
専用10×PCR Buffer*1 5 μl
dNTP Mixture(各2.5 mM)*24 μl
Primer-10.5 μl
Primer-20.5 μl
Template DNA*35 μl
TaKaRa Taq(5 U/μl)*40.25 μl
滅菌精製水34.75 μl
Total50 μl
反応液は氷冷下で調製する。
*1 特殊細菌検出用Primer Set(製品コード S001~S028)に添付している。
*2 (製品コード R001A)に添付している。
*3 精製DNAまたは熱抽出サンプルを使用。なお、熱抽出サンプルは、菌体をLB培地中、またはアルカリペプトン培地中で37℃、 一晩培養した培養液10 μlにTE Buffer(10 mM Tris-HCl、0.1 mM EDTA、pH8.0)または滅菌水を90 μl加え、95℃、5分間加熱後、(卓上)遠心機で菌体の残渣を除いた上清液を用いる。
*4 TaKaRa Taq(製品コード R001A)のほか、TaKaRa Taq Hot Start Version(製品コード R007A)も使用できる。
■ PCR条件
熱変性94℃1 min
アニーリング*55℃1 min
(または60℃1 min)
伸長72℃1 min
35 cycles
* VPD-1、-2およびVPR-1、-2の場合は55℃、VPS-1、-2の場合は60℃。
■ 結果
(A)耐熱性溶血毒遺伝子
(使用プライマーVPD-1、2)
(B)耐熱性溶血毒類似毒素遺伝子
(使用プライマーVPS-1、2)



(C)耐熱性溶血毒類似毒素遺伝子
(使用プライマーVPR-1、2)

(A), (B) Lane M φX174-Hinc II digest
Lane 1~4 腸炎ビブリオ耐熱性溶血毒遺伝子陽性株
Lane 5、6 腸炎ビブリオ耐熱性溶血毒類似毒素遺伝子陽性株
(C) Lane M φX174-Hae III digest
Lane 1, 4, 6, 9, 12, 13 腸炎ビブリオ耐熱性溶血毒類似毒素遺伝子陰性株
Lane 2, 5, 8, 10, 11, 15 腸炎ビブリオ耐熱性溶血毒類似毒素遺伝子trh 1陽性株
Lane 3, 7, 14 腸炎ビブリオ耐熱性溶血毒類似毒素遺伝子trh 2陽性株
この画面を閉じる