この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

TRACP & ALP活性染色例 -ヒト骨髄由来単核細胞、ラット骨髄由来分化細胞ほか-

実験例
実施例:1
16週齢JWウサギ(雄)から採取した骨髄細胞をM-CSFおよび活性型ビタミンD3の存在下で培養し、6日目に酒石酸耐性酸性ホスファターゼ活性染色を行った(図1)。


図1. ウサギ培養骨髄細胞の酒石酸耐性酸性ホスファターゼ活性染色

実施例:2
24日齢SDラット(雌)から採取した骨髄細胞をM-CSFおよび活性型ビタミンD3の存在下で培養し、10日目にアルカリ性ホスファターゼ活性染色を行った(図2)。


図2. ラット培養骨髄細胞のアルカリ性ホスファターゼ活性染色

実施例:3
ヒト骨髄由来単核細胞(Human Bone Marrow Mononuclear Cells, Lonza社)を、種々の添加因子の存在下で培養し、分化細胞となった時期(移植後9日目)に、酒石酸耐性酸性ホスファターゼおよびアルカリ性ホスファターゼの活性染色をそれぞれ行った(図3)。
  酒石酸耐性酸性ホスファターゼ
活性染色
アルカリ性ホスファターゼ
活性染色

ビタミンD3添加
 

M-CSF添加
 

ビタミンD3、M-CSF添加
 

β-グリセロホスフェート、
デキサメタゾン添加
図3. ヒト培養骨髄細胞の酒石酸耐性酸性ホスファターゼおよびアルカリ性ホスファターゼ活性染色

実施例:4
ラット骨髄細胞をM-CSFおよび活性型ビタミンD3存在下で培養し、分化細胞とした。
12日目に活性二重染色を実施した(図4)。


図4. TRACPとALPの活性二重染色

実施例:5
新生1日目マウスの凍結切片を用いて、TRACP酵素とALP酵素のそれぞれの活性染色を実施した。2枚の凍結スライド上にキットの細胞固定液を各250 μl滴下し、室温5分間の固定処理後、純水でよく洗浄し、臓器のまわりの余分な水分をペーパーでふきとった。1枚には酒石酸を加えたTRACP基質250 μlをスライド上に滴下し、他の1枚にはALP基質250 μlを滴下して、37℃インキュベータ-に静置した。45分後に基質液を純水で洗って除き、余分な水分をふきとって、そのまま検鏡した。スライドは薄切後、約6ヵ月間-80℃保存していたものであったが、酵素活性は、薄切当時に実施した活性染色とほとんど変わらない結果が得られた。(図5)

図5
図5. 新生1日目マウス新鮮凍結切片の酵素活性染色
この画面を閉じる