この画面を閉じる

Application

S1 Nuclease

S1 Nucleaseを用いた一本鎖部分の限定分解

マイクロ遠心チューブ内で以下の反応液を調製し、全量を20 μlとする。

DNA fragment 1 μg
S1 Nuclease  10 U
10×S1 Buffer 2 μl
滅菌蒸留水 up to 20 μl

  ↓
23℃で15分間インキュベートする。
  ↓
EDTAを加えて反応を停止する。
  ↓
T4 DNA PolymeraseかKlenow Fragmentで末端修復し平滑末端DNAとする。
この画面を閉じる