この画面を閉じる
ラット褐色脂肪前駆細胞を培養し、分化培地として添加試薬(1)インシュリンを加えた培地、(1)インシュリンと(2)デキサメタゾンを加えた培地、(1)インシュリン、(2)デキサメタゾンおよび(3)イソブチルメチルキサンチンを加えた培地を用いて、分化誘導を行った。
分化培地を除去後、維持培地に交換して、1、3、4 日目に細胞を観察した。分化により褐色脂肪前駆細胞がはじめは小さな油滴で満たされるが、やがて多房性構造をもつ褐色脂肪細胞になることが顕微鏡で観察される。
 (1)インシュリンのみ(1)+(2)デキサメタゾン(1)+(2)+(3)イソブチル
Day1
Day3
Day4
この画面を閉じる