この画面を閉じる

Application

Plant DNA Isolation Reagent

実験例5:TaKaRa Ex Taq® HSによるPCR増幅

【方法】
実験例1および実験例3で得られたゲノムDNA溶液を鋳型として、PCRによる増幅を行った。

Template:実験例1、3で抽出したゲノムDNA溶液各0.5 μl
PCR酵素TaKaRa Ex Taq Hot Start Version
Total volume:25 μl

Target遺伝子と増幅サイズ
シロイヌナズナMERI5B遺伝子(約1.0 kb)
トマトXET遺伝子(約0.6 kb)
ホウレンソウcoxI遺伝子(約0.5 kb)
タバコEXT遺伝子(約2.2 kb)

PCR条件
シロイヌナズナ、ホウレンソウ

98℃10 sec.
30 cycle
60℃30 sec.
72℃1 min./kb
トマト、タバコ

98℃10 sec.
35 cycle
55℃30 sec.
72℃1 min./kb
【結果】

PCR反応液を4 μlをアプライ
M:Wide-Ranger DNA Ladder (50~10,000 bp)

1% Agarose L03「TaKaRa」

図5.抽出したゲノムDNAを鋳型としたPCR増幅

この画面を閉じる