この画面を閉じる

Application

アプリの部屋Topへ

リアルタイムPCR用SYBR® Premixシリーズの選び方(1)

SYBR® Premix Ex Taq™シリーズは・・・
  • 特長の異なる4種類の試薬をご用意
  • プレミックスタイプで操作が簡便
  • 各種リアルタイムPCR装置で使用可能
  • 条件検討なしでPerfect Real Timeサポートシステムのプライマーを使用可能
試薬の選び方(1)~(3)では、それぞれの目的や状況に最も適したSYBR® Premix試薬をご紹介しています。
選び方(1) 目的:リアルタイムRT-PCRで遺伝子発現解析!
PRTSSのプライマーを使用する
 
SYBR® Premix Ex TaqII
(Tli RNaseH Plus)  RR820A/B

増幅効率と反応特異性のバランスが良く、非常に使いやすい試薬
PRTSSのリアルタイムRT-PCR用プライマーを用いる場合の第一推奨!(※1)

SYBR® Premix DimerEraser™ (Perfect Real Time)  RR091A/B

反応特異性を究極まで高めた試薬

RR820でも反応特異性に不満がある場合には是非お試しください。
文献記載のプライマーや
自作のプライマーを使用する
 
検出対象にGCリッチ
(GC含量60~70%)な
ターゲットが含まれる
SYBR® Premix Ex TaqGC
(Perfect Real Time) RR071A/B

GC含量60~70%のターゲットでも
高い精度で解析できる広汎用性試薬。
増幅鎖長は~200 bpを推奨

プライマーダイマーや
非特異的増幅が
見られたら・・・

⇒ RR091を
お試しください。
 
検出対象にGCリッチ
(GC含量60~70%)な
ターゲットが含まれない
SYBR® Premix Ex Taq
(Tli RNaseH Plus) RR420A/B

少し長めのターゲットにも対応できる
増幅効率が非常良い高反応性試薬
この画面を閉じる