この画面を閉じる

Application

Human Cell-Free Protein Expression Maxi System

Maxi Systemを用いたβ-ガラクトシダーゼ(116 kDa)の大量発現

Human Cell-Free Protein Expression Maxi System(製品コード 3285)
 
方法

プロトコールに従いβ-ガラクトシダーゼ(116 kDa)の合成を行った(32℃、18時間反応)。比較のため、Human Cell-Free Protein Expression Systemを用いたバッチ法でのタンパク質合成も行った(32℃、3時間反応)。その後SDS-PAGE およびAgilent 2100バイオアナライザによる解析を行い、目的タンパク質を検出した。
結果
目的サイズ(116 kDa)のタンパク質を検出できた。バッチ法に比べて、透析法では同じ容量あたり約4倍の高収量の発現が確認された。
SDS-PAGE(CBB 染色)解析結果
SDS-PAGE(CBB 染色)解析結果
タンパク質合成産物(0.4 μl 相当量) をアプライ
Lane 1
Lane 2
Lane 3
Lane M
:Negative Control
:バッチ法による合成
:Maxi System(透析法)による合成
:Protein Molecular Weight Marker (Broad)


Agilent 2100バイオアナライザ解析結果
Agilent 2100バイオアナライザ解析結果
Sample No.反応条件濃度[mg/ml]
2バッチ法 2.70    
3透析法11.22    
タンパク質合成産物(0.25 μl相当量)をアプライ
Sample 1
Sample 2
Sample 3
Laddar
:Negative Control
:バッチ法による合成
:Maxi System(透析法)による合成
:Protein 230 Ladder


この画面を閉じる