この画面を閉じる

Application

Western BLoT HRP Substrateシリーズ

検出感度の比較

少量の抗体で感度良く検出可能
HeLa細胞溶解液を段階的に希釈したサンプルで、抗体使用量を変えたウェスタンブロットによりGAPDHを検出した。
サンプル :HeLa細胞溶解液を総タンパク量として10 μgから段階的に2倍希釈
一次抗体 :Anti-Glyceraldehyde-3-Phosphate Dehydrogenase, clone 6C5 (1 mg/ml)
二次抗体 :Pierce Goat Anti-Mouse IgG(H+L) Peroxidase conjugated (0.8 mg/ml)
<抗体の希釈倍率>
 一次抗体二次抗体
A
1:1,0001:5,000
B
1:2,5001:5,000
C
1:5,0001:10,000
D
1:7,5001:20,000
Western BLoT Hyper Substrate
(製品コード T7103A)
Western BLoT Quant Substrate
(製品コード T7102A)
(露光時間:1分、CCDカメラ撮影)
Western BLoT Hyper Substrateでは、より少ない抗体量での検出が可能です。

この画面を閉じる