この画面を閉じる

Application

Western BLoT HRP Substrateシリーズ

お客様ご提供の検出例:細胞株3T3由来のGFP、GAPDAH検出例(Western BLoT Quant HRP Substrate使用)

実験材料と条件
ターゲット蛋白の名称Green Fluorescent Protein(GFP), Glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase(GAPDH)
サンプルの種類(生物種、細胞・組織の名称など)3T3
一次抗体の名称・メーカー名
抗体液の濃度・希釈率
anti-GFP polyclonal rabbit antibody (Aves), anti-GAPDH monoclonal mouse natibody(Millipore)
anti-GFP polyclonal rabbit antibody(1:5000), anti-GAPDH monoclonal mouse natibody(1:5000)
二次抗体の名称・メーカー名
抗体液の濃度・希釈率
anti-chicken IgY goat antibody and anti mouse IgG goat antibody (Jackson ImmunoResearch)
1/20,000
ご使用のHRP Substrateの種類Western BLoT Quant HRP Substrate
メンブレンのタイプPVDF
検出方法CCDカメラで撮影
実験結果
上:anti-GFP antibody(露光30 sec)
下:anti-GAPDH antibody(露光60 sec)

1. 3T3 whole lysate(5 μg)control
2. 3T3 whole lysate(5 μg)GFP expression 1
3. 3T3 whole lysate(5 μg)GFP expression 2
4. 3T3 whole lysate(5 μg)GFP expression 3
5. 3T3 whole lysate(5 μg)GFP expression 4
6. 3T3 whole lysate(5 μg)GFP expression 5
従来のものと変わらず、バンドがシャープに検出できた。
価格面から、従来使用していたものと比較して、コストパフォーマンスが非常に高い。
本実験データは、国際医療福祉大学 薬学部のお客様からご提供いただきました。

この画面を閉じる