この画面を閉じる

Application

Western BLoT HRP Substrateシリーズ

お客様ご提供の検出例:β-actinの検出

Western BLoT Quant HRP SubstrateWestern BLoT Immuno Boosterでの比較結果


実験材料と条件
ターゲット蛋白の名称

β-actin

サンプルの種類(生物種、細胞・組織の名称)

Jurkat (ヒト・T細胞株) whole cell lysate

一次抗体の名称・メーカー名
抗体液の濃度・希釈率

β-actin (Abcam_cat#ab8227, 0.3 mg/ml conc.)
1:10,000

二次抗体の名称・メーカー名
抗体液の濃度・希釈率

HRPO anti-Rabbit IgG (GE healthcare_cat# NA9340V)
1:10,000

ご使用の発光検出用試薬

Western BLoT Quant HRP Substrate、G社ECL試薬

ご使用の抗体希釈試薬

Western BLoT Immuno Booster 、T社エンハンサー試薬

メンブレンのタイプ

PVDF

検出方法

CCDカメラで撮影



実験結果
上記の材料を用い、以下の反応時間にてβ-actinの検出を行った。
ブロッキング反応 1h、一次抗体反応 1.5h、二次抗体反応 1h

発光検出用基質G社ECL試薬Western BLoT Quant HRP Substrate
抗体希釈試薬T社エンハンサー試薬Western BLoT Immuno Booster
発光検出用基質にWestern BLoT Quant HRP Substrate 、抗体希釈試薬にWestern BLoT Immuno Boosterを用いた場合、他社試薬とも大差なく検出できた。

本実験データは、製薬企業のお客様からご提供いただきました。

この画面を閉じる