この画面を閉じる

Application

アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターによる遺伝子導入 参考文献

【参考データ】pRC2-mi342 Vector使用によるAAV2ベクタータイター向上効果

AAVpro Helper Free System (AAV2)(製品コード 6230)
AAVpro Helper Free System (AAV2)(製品コード 6230)に含まれるpRC2-mi342 Vectorを使用することで、より高力価なAAV2ベクターを作製することができる。以下に、そのタイター向上効果を示す。

【方法・結果】
HEK293細胞に下記プラスミドをトランスフェクションしてAAV2ベクターを取得した。AAV2ベクター作製条件は下記のとおりである。
トランスフェクション法:リン酸カルシウム法
トランスフェクションに使用したプラスミド:
  ・pAAV-CMV-AcGFP1 Vector
  ・pRC2-mi342 Vector またはpRC2 Vector
  ・pHelper Vector
培養容器:T25フラスコ

pRC2 Vector:pRC2-mi342 Vectorからhsa-miR-342発現カセットを除いたベクター

得られたAAV2ベクターのタイターをリアルタイムPCRにより評価した。
hsa-miR-342を発現するpRC2-mi342 Vectorを使用することにより、pRC2 Vectorと比較して約2倍高いタイターのAAV2ベクターが得られた。

図.AAVベクター作製におけるpRC2-mi342の効果
この画面を閉じる