この画面を閉じる

Application

NucleoSpin® 8/96 Soil

実験例:各溶出Bufferを用いたDNA精製

NucleoSpin 96 Soil(製品コード 740787.2)
500 mg鉢植え土壌から微生物DNAの抽出を4パターンの溶解条件(SL1, SL2, SL1+SX,SL2+SX)で行った。
4条件とも高分子のDNAの抽出することができたが、収量はBuffer SL2+Enhancer SXの条件を用いたときが最もよかった。(表A,図B)。DNA抽出液からのPCR増幅を検証するために、実際に各DNA抽出液を鋳型にしてPCRを行ったが、すべての抽出液でPCR反応の阻害は観察されなかった(図C)。

A
MN BufferDNA yeild
(μg)
Purity
(A260/A280)
SL1
3.4
1.55
SL1+SX
3.5
1.55
SL2
3.4
1.54
SL2+SX
5.7
1.74


B
実験例

C
実験例
この画面を閉じる