この画面を閉じる

Application

RetroNectin® (Recombinant Human Fibronectin Fragment)

各種初代培養細胞への感染

Lentiviral High Titer Packaging Mix(製品コード 6194)
本製品により得られた組換えレンチウイルスは多くの場合、取得したレンチウイルス上清を濃縮することなく、直接、標的細胞の感染に使用できる。以下に初代ヒト腸筋線維芽細胞、初代ヒト神経細胞(アストロサイト)、初代ラット神経細胞(脳皮質アストロサイト)に感染させたデータを示す。

<実験方法>
本製品により得られたZsGreen1発現レンチウイルスベクターを90倍希釈し、MOI=12.4(HT-1080細胞への感染効率より算出)で初代ヒト腸筋線維芽細胞に感染させた。感染にはRetroNectinを使用し、RBV-Spin法を採用した。
図1に初代ヒト腸筋線維芽細胞へウイルス感染5日後の顕微鏡写真を示す。
初代ヒト腸筋線維芽細胞への感染 ・90 倍希釈したレンチウイルス
(MOI=12.4)を感染
・ZsGreen1 陽性率69.2%
図1.初代ヒト腸筋線維芽細胞への感染

<実験方法>
本製品により得られたZsGreen1発現レンチウイルスベクターを270倍希釈し、MOI=4.3(HT-1080細胞への感染効率より算出)で各種初代神経細胞に感染させた。感染にはRetroNectinを使用し、RBV-Spin法を採用した。
図2に初代ヒトアストロサイトへウイルス感染3日後の顕微鏡写真を示す。
図3に初代ラット脳皮質アストロサイトへウイルス感染3日後の顕微鏡写真を示す。
ヒトアストロサイトへの感染 ・270倍希釈したレンチウイルス
(MOI=4.3)を感染
・ZsGreen1 陽性率95.7%
図2.ヒトアストロサイトへの感染

ラット脳皮質アストロサイトへの感染 ・270倍希釈したレンチウイルス
(MOI=4.3)を感染
・ZsGreen1 陽性率90.6%
図3.ラット脳皮質アストロサイトへの感染
この画面を閉じる