この画面を閉じる

Application

PrimeScript™ RT reagent Kit with gDNA Eraser (Perfect Real Time)

cDNA合成効率の比較(2)

【方法】
total RNA希釈系列を鋳型として、本製品、T社同タイプキット、およびPrimeScript RT Master Mix (Perfect Real Time)(製品コード RR036A)を用いて、それぞれの推奨条件で逆転写反応を行い、さらにqPCRを行って結果を比較した。
cDNA合成効率の比較

 
RR047
T社同タイプキット
DNA除去反応
42℃  2分
37℃  5分
逆転写反応
37℃ 15分
37℃ 15分
50℃  5分
85℃  5秒
98℃  5分
反応時間約17分約30分
(弊社比較データ)


・鋳型:HL60細胞由来 total RNA(0、1 pg、10 pg、100 pg、1 ng、10 ng、100 ng、1 μg)
・qPCR:TB Green Premix Ex Taq II (Tli RNaseH Plus)(製品コード RR820A)
・qPCRの鋳型:逆転写反応液 各2 μl
・ターゲットRPLP1
・プライマー:Perfect Real Timeサポートシステムを利用
・qPCR装置:Thermal Cycler Dice Real Time System II(製品コード TP900)
【結果】
本製品は、ゲノムDNA除去反応を行わない試薬PrimeScript RT Master Mix (Perfect Real Time)と同等で、T社同タイプキットより優れたcDNA合成効率を示しました。また、本製品はT社キットより短い所要時間で反応が可能です。
この画面を閉じる