この画面を閉じる

Application

Ingenio® Electroporation Kit & Solution

Ingenio Electroporation Solutionを用いたCas9とgRNA複合体(RNP)の効率的なゲノム編集実験

Ingenio Electroporation Solutionを用いたCas9とgRNA複合体(RNP)の効率的なゲノム編集実験
Ingenio Electroporation SolutionとGene Pulser Xcell Eukaryotic System(Bio-Rad社)を用いて、K562またはJurkat細胞に750 nM Cas9と1,500 μM gRNAより作製されたCas9/gRNA RNP複合体をエレクトロポレーションし、(A)PPIBまたは(B)WTAPをターゲットとするゲノム編集を行った。
エレクトロポレーション48時間後に、T7E1アッセイを行い、切断効率の割合を算出した。NSPは非特異的なバンド。

パルス条件:
 
Voltage
(V)
Capacitance
Cuvette Size
(cm)
Electroporation Volume
(μl)
(A)
K562
150
950 μF
0.2
100
Jurkat
130
(B)
K562
150
Jurkat
150
この画面を閉じる