目的遺伝子のSNP確認やExome解析後の変異確認に最適

ヒトExon増幅用プライマー合成

■お問い合わせ窓口(A)

TEL:077-565-6999


[サンプル送付先]
タカラバイオ株式会社 CDMセンター 遺伝子工学研究/検査 受託受付担当 宛て
〒525-0058 滋賀県草津市野路東七丁目4番38号
TEL:077-567-9262
ご注意:伝票の品名に受託名をご記載ください。 お問い合わせフォームは こちら

特長

  • ヒトゲノムDNAを鋳型としたPCRに最適
  • ヒト遺伝子のExon領域増幅用プライマーを設計・合成
  • GenBank(RefSeq)IDやGenome Positionなどで増幅対象のExon領域を指定可能
  • オンラインで簡単注文!ご購入いただいたプライマーの配列を開示

概要

ヒトゲノムDNAを鋳型とした、Exon領域増幅用PCRプライマー合成受託サービスです。ホモロジー検索により、ヒトゲノムへの特異性を確認したプライマーをご提供します。次世代シーケンサーによるExome解析で特定された塩基変異をサンガーシーケンスで確認される場合や、サンガー法により目的遺伝子のSNPを確認される場合に最適です。

サービス内容

ヒトゲノムのご指定のExon領域をPCR増幅するためのプライマーを設計します。遺伝子名やシンボルなどのキーワード、GenBank(RefSeq)アクセッション番号、Genome Positionで増幅対象Exonなどをオンラインでご指定いただくだけで、最適なプライマーを設計して合成します。目的遺伝子に含まれる全てのExonを増幅するプライマーセットを一括でご指定いただくことも可能です(増幅サイズ約800 bpに設計されています)。
次世代シーケンサーによるExome解析後のサンガー法によるExonリシーケンスや、目的遺伝子のSNPs解析(サンガー法)にご利用ください。
〈増幅結果例〉
本サービスにより設計されたプライマーを96セット合成し、Tks Gflex DNA Polymeraseを用いてヒトゲノムDNAを鋳型としたPCR増幅を実施した結果、全てのプライマーセットで良好な増幅が確認された(増幅サイズ 約800 bp)。

反応液組成使用量
Tks Gflex DNA Polymerase 1 μl
2×Gflex PCR Buffer(Mg2+, dNTP plus) 25 μl
Primer F 10 pmol
Primer R 10 pmol
Template (Human genomic DNA)100 ng
滅菌蒸留水to 50 μl

サイクル
94601
981030
6830

価格・納期

サービス項目参考価格参考納期
ヒトExon増幅用プライマーセット        ¥12,000*1 1セットあたり 約1週間
ヒトExon増幅用プライマーセット再注文*2 ¥5,000     1セットあたり 約1週間
*1 多数セットの価格についてはお問い合わせください。
*2 既にご利用いただいたプライマーセットを再注文いただく場合です。

納品物

  • Forward primerおよびReverse primer(増幅サイズ 約800 bp)
  • 濃度調整済みTE溶液品(50 pmol/μl) 各1本
  • 総量各2 OD保証、脱塩精製
  • 合成データシート 合成情報
  • プライマー情報(ご発注後に開示)

ご注文方法

オンライン注文とFAXでの注文の2種類からお選びください。

ご留意事項

解析対象の位置によっては、本プライマー以外にもシーケンスプライマーの設計が必要な場合があります。
本サービスで設計されるPCR用プライマーは、非常に確度の高いアルゴリズムで設計されていますが、それぞれのプライマー配列ごとに実験的に反応性が確認されているわけではありません。また、データベースに登録されていない配列あるいは極端に類似した配列などの影響により、非特異的な増幅が起こることがあります。
本サービスで設計されるPCR用プライマーは、すべての場合においてプライマーダイマーやその他の非特異的な産物を増幅しないことを保証するものではありません。 指定領域によっては設計不可となる場合もあります。
お客様よりご提供いただいたサンプル・情報および納品物の複製物は、別途期限を定めている場合を除き、業務終了後3ヵ月を経過すると順次廃棄いたします。ご了承ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 本受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。納品物を試験研究目的以外へご使用される場合、弊社では納品物に起因する損失・損害等については一切の責任を負いかねます。納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合がありますのでご注意ください。
  • 納品物に起因して、直接的もしくは間接的に発生したお客様の損害については、明らかに弊社の責に帰すべき事由による場合を除いて、弊社は一切その責任を負いません。

▲このページのトップへ