ノックアウト/ノックイン細胞の取得に

ゲノム編集による細胞株作製

■お問い合わせ窓口

TEL:077-565-6999


お問い合わせフォームは こちら

特長

  • CRISPR/Cas9システムを利用したノックアウト/ノックイン細胞作製
  • sgRNA設計から承ります
  • iPS細胞のゲノム編集も承ります
  • 目的遺伝子挿入用ドナープラスミドDNAおよびssOligo DNAの設計・合成も承ります

概要

RNA guided endonucleaseはバクテリアの獲得免疫システムであるCRISPR/Cas9システム由来のRNA誘導型人工ヌクレアーゼで、従来型の人工ヌクレアーゼとは異なり、ガイドRNA(gRNA:guide RNA)とCas9エンドヌクレアーゼ(タンパク質)の二つの異なる分子が、標的DNA配列の認識とDNA二本鎖切断の働きをそれぞれ別々に担います。こうした特徴から、従来型人工ヌクレアーゼに対しRNA guided endonucleaseの設計が比較的容易である一方、本法は、従来技術と同等のゲノム編集効果が得られること、ならびに、複数箇所の同時ゲノム編集が容易に行えることなどから、新たなゲノム編集法として注目を集めています。
本サービスは、ゲノムへの変異導入を目的にCRISPR/Cas9システムにて設計した組換えCas9タンパク質およびsgRNAを用いて、供与いただいた細胞の遺伝子ノックアウト/ノックイン細胞の作製受託サービスを承ります。
■チラシをご覧ください。
ゲノム編集受託サービス

サービス内容

  • CRISPR/Cas9システムを利用したノックアウト細胞の作製
    お客様から提供される任意の哺乳動物細胞に、sgRNA (single-guide RNA) およびCas9タンパク質の複合体 (RNP) をトランスフェクションします。トランスフェクション後のプール細胞について、Guide-it Mutation Detection Kit(製品コード 631443/631448)を用いたアッセイによりターゲット特異的にDNAの切断、変異導入が生じたことを確認します。そのプール細胞からシングルクローン化した細胞について、ダイレクトシーケンスを行い、シーケンス結果を納品いたします。

  • 細胞表面発現遺伝子ノックアウト細胞作製
    細胞表面に発現する遺伝子を標的とされているお客様にお勧めです。
    お客様から提供される任意の哺乳動物細胞に、sgRNAおよびCas9タンパク質の複合体 (RNP) をトランスフェクションします。トランスフェクション後のプール細胞について、フローサイトメトリー(FCM)解析によりゲノム編集確認を行います。ノックアウト(KO)効率が不十分な場合は、磁気ビーズを使用した標的遺伝子ノックアウト細胞株の濃縮を実施します。そのプール細胞から得られたクローンについて、FCM解析によりゲノム編集確認を行います。

  • ノックアウト細胞の作製の流れ

    ※アイソタイプコントロールと標的遺伝子の抗体による染色ピークの分離が可能なもの、かつPEまたはAPC直接標識抗体のご提供が可能な場合のみの対応となります。
    磁気ビーズ選択を利用したゲノム編集ノックアウト細胞株の作製実施例」もご参照ください。

  • CRISPR/Cas9システムを利用したノックイン細胞の作製
    お客様から提供される任意の哺乳動物細胞に、sgRNAおよびCas9タンパク質の複合体(RNP)、および目的遺伝子挿入用ssOligo DNAをトランスフェクションします。トランスフェクション後のプール細胞について、Guide-it Mutation Detection Kit(製品コード 631443/631448)を用いたアッセイによりターゲット特異的にDNAの切断、変異導入が生じたことを確認します。そのプール細胞から限界希釈法等によりシングルクローン化します。シングルクローン化した細胞についてダイレクトシーケンスを行い、シーケンス結果を納品いたします。また、ドナープラスミドDNAを用いたノックイン細胞作製も承ります。取得したクローンについてPCR解析による変異導入の有無確認を行います。
    オプションとして、フローサイトメトリー(FCM)解析やTAクローニングによるシーケンス解析なども承ります。
    Cas9ヌクレアーゼに代えてCas9ニッカーゼを用いたゲノム編集細胞作製も承ります。ニッカーゼの利用により、オフターゲットリスクの低減が期待できます。

  • 発光ペプチドタグ「HiBiT」(Promega) を利用したノックイン細胞の作製
    内在性のプロモーターによる遺伝子発現およびタンパク質量のモニタリングをお考えのお客様にお勧めです。
    HiBiTは、サイズが小さいためssOligoDNAで標的遺伝子に導入することが可能です。お客様から提供される任意の哺乳動物細胞に、sgRNAおよびCas9タンパク質の複合体(RNP)、および目的遺伝子挿入用ssOligo DNA (HiBiT含む) をトランスフェクションします。トランスフェクション後のプール細胞について、Guide-it Mutation Detection Kit(製品コード 631443/631448)を用いたアッセイによりターゲット特異的にDNAの切断、変異導入が生じたことを確認します。そのプール細胞から限界希釈法等によりシングルクローン化します。シングルクローン化した細胞についてHiBiT detection assayにより、変異導入確認を行います。
    HiBiTテクノロジー詳細はこちら (https://www.promega.co.jp/product/pm/HiBiT_technology/) をご参照ください。
    HiBiTの使用条件など、詳細についてはプロメガ(株)にお問合せ下さい。

    目的遺伝子挿入用ドナープラスミドDNA、およびssOligo DNAの設計・合成も承ります。
【オプションサービス】

価格・納期

サービス項目 参考価格 参考納期
ノックアウト細胞作製*1 ¥3,170,000 1件あたり 4.5ヵ月~
細胞表面発現遺伝子ノックアウト細胞作製
(抗体染色を利用した場合)*2
¥2,150,000 1件あたり 3.5ヵ月~
ノックイン細胞作製、一塩基置換変異導入細胞作製等 別途ご相談
TAクローニングによるシーケンス解析) ¥480,000~ 5クローン
あたり
4週間
*1 株化細胞の下記作業仕様での参考価格です。細胞種(iPS細胞など)、また作業内容によって、費用が異なりますので、詳細はお問い合わせください。
<作業仕様>
  -sgRNA設計・作製
  -細胞のセットアップ(起眠、継代維持、マイコプラズマ簡易試験等)
  -各種条件検討、目的の編集領域配列確認
  -プール細胞でのゲノム編集確認
  -細胞株作製(~40クローン)、ゲノム編集確認
  -納品クローン調製(最大4クローン)

*2 株化細胞の下記作業仕様での価格です。標的細胞が、iPS細胞等の場合は、別途お問い合わせください。本作業は、アイソタイプコントロールと標的遺伝子の抗体による染色ピークの分離が可能なもの、かつPEまたはAPC直接標識抗体のみの対応となります。また、抗体およびFCM解析データのご提供をお願いします。
<作業仕様>
  -sgRNA設計・作製
  -細胞のセットアップ(起眠、継代維持、マイコプラズマ簡易試験等)
  -各種条件検討、目的の編集領域配列確認、抗体染色条件確認
  -プール細胞でのゲノム編集確認
  -細胞株作製(磁気ビーズでの濃縮、~10クローン)、ゲノム編集確認
  -納品クローン調製(最大3クローン)

・価格・納期は手法や細胞により異なりますので、別途ご相談ください。
・本作業は、成果保証型の受託作業ではございません。目的のゲノム編集細胞株取得の保証はいたしかねます点、ご了承ください。途中で作業中止となった場合は、実施した作業工程までの費用を申し受けます。
・サンガーシーケンス解析において、PCRの性質上、一次凍結ストックと納品凍結ストックで一部異なる結果が得られる場合があります。その際は対応策をご相談の上決定いたします。

納品物

  • 作業報告書
  • ノックアウト/ノックイン細胞クローンの凍結ストック
  • 解析データ(塩基配列データ等)

ご注文方法

以下のフォーマットにご記入のうえ、依頼書記載のFAX番号へご送付ください。

受入サンプル

  • 細胞(細胞、培養に関する情報)
  • 培地および必要な添加剤(FBS、抗生剤等)
  • 標的遺伝子情報/ターゲットサイト情報
  • 使用する抗体およびアイソタイプコントロール抗体
  • 細胞表面発現遺伝子ノックアウト細胞作製(抗体染色を利用した場合)の際にご提供をお願いします。

ご留意事項

ヒト生体試料の解析にあたり、個人情報に関わるサンプルは、お客様ご所属施設の倫理委員会等で遺伝子解析研究に用いられることの承認が得られており、かつお客様の元で匿名化されたものに限らせていただきます。
詳しくは、「ヒトゲノム・遺伝子解析受託サービスについて」をお読みください。
お客様よりご提供いただいたサンプル・情報および納品物の複製物は、別途期限を定めている場合を除き、業務終了後3ヵ月を経過すると順次廃棄いたします。ご了承ください。

ライセンス情報

本作業および納品物に関するライセンス情報については、こちらをご確認ください。
License Statement No. K102

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 本受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。納品物を試験研究目的以外へご使用される場合、弊社では納品物に起因する損失・損害等については一切の責任を負いかねます。納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合がありますのでご注意ください。
  • 納品物に起因して、直接的もしくは間接的に発生したお客様の損害については、明らかに弊社の責に帰すべき事由による場合を除いて、弊社は一切その責任を負いません。

▲このページのトップへ