サイクリングプローブ検出用完全プレミックス試薬

CycleavePCR® Reaction Mix

  • 2×濃度の完全プレミックス試薬で操作が簡便
  • SNPジェノタイピングにも対応
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR CY505A CY505A CycleavePCR® Reaction Mix
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
400回 ¥75,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR CY505B(A×3) CY505B(A×3) CycleavePCR® Reaction Mix
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
1,200回 ¥198,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR CY505S CY505S CycleavePCR® Starter Kit
  • ライセンス
80回 ¥18,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

CycleavePCR Reaction Mixは、検出にサイクリングプローブを用いるリアルタイムPCR専用試薬である。2×濃度のプレミックスタイプ試薬で、サイクリングプローブ法に最適化したバッファーと抗Taq抗体を利用したホットスタートPCR用酵素TaKaRa Ex Taq HSをあらかじめ含んでおり、反応液の調製が簡単である。
迅速性と定量性に優れたリアルタイムPCR法と非常に特異性の高い検出法であるサイクリングプローブ法との組み合わせにより、ターゲットの検出や定量、一塩基多型の検出などを正確かつ簡便に行うことができる。
CycleavePCR Starter Kitには、CycleavePCR Reaction Mixに加え、試薬の反応性を確認するためのPositive Controlが含まれている。反応系構築後は、コストパフォーマンスの高いCycleavePCR Reaction Mixを推奨する。
タカラバイオウェブサイトで公開しているSNP検出用(一塩基置換)プライマー・サイクリングプローブ設計/注文システム「CycleavePCR Assay Designer (SNPs)」のプライマーとサイクリングプローブで解析を行う際には、CycleavePCR Starter Kit(製品コード CY505S)またはCycleavePCR Reaction Mix(製品コード CY505A/B)を組み合わせて使用する。

注: プローブ*を用いたリアルタイムPCRにはPremix Ex Taq (Probe qPCR)(製品コード RR390A)を、SYBR Green Iを用いたリアルタイムPCRにはSYBR Premix Ex Taq (Tli RNaseH Plus)(製品コード RR420S/A/B) やSYBR Premix Ex Taq II (Tli RNaseH Plus)(製品コード RR820S/A/B)をご使用ください。
* SYBRはMolecular Probes Inc.の登録商標です。

本製品の適応機種
  • Thermal Cycler Dice Real Time System III(製品コード TP950/TP970/TP980/TP990)
  • Thermal Cycler Dice Real Time System II(製品コード TP900/TP960)
  • Thermal Cycler Dice Real Time System Lite(製品コード TP700/TP760)など
  • Applied Biosystems 7500 Real-Time PCR System、7500 Fast Real-Time PCR System、StepOnePlus Real-Time PCR System (Thermo Fisher Scientific社)
  • Smart Cycler System/Smart Cycler II System(Cepheid社)
  • LightCycler(Roche Diagnostics社)

内容

CycleavePCR Starter Kit(製品コード CY505S)[80回(25 μl反応系)]
CycleavePCR Reaction Mix(2×conc.)*11 ml
ROX Reference Dye(50×conc.)*2200 μl
ROX Reference Dye II(50×conc.)*2200 μl
Positive Control *310 μl
Positive Control Primer Mix(10 μM each)*310 μl
Positive Control Probe (FAM/TAMRA)(25×conc.)*3 *410 μl
dH2O1 ml

CycleavePCR Reaction Mix(製品コード CY505A)[400回(25 μl反応系)]
CycleavePCR Reaction Mix(2×conc.)*11 ml×5
ROX Reference Dye(50×conc.)*2200 μl
ROX Reference Dye II(50×conc.)*2200 μl

*1TaKaRa Ex Taq HS、dNTP Mixture、Mg2+、Tli RNaseH IIを含みます。
*2Thermo Fisher Scientific社のリアルタイムPCR装置など、ウェル間の蛍光シグナルの補正を行う装置で解析する場合に使用します。ROX標識プローブを用いる場合は、使用しないでください。
  • ROX Reference Dyeを添加する機種
    ・ StepOnePlus Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific社)
  • ROX Reference Dye IIを添加する機種
    ・ Applied Biosystems 7500/7500 Fast Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific社)
  • 添加の必要がない機種
    ・ Thermal Cycler Dice Real Time Systemシリーズ(製品コード TP950など)
    ・ Smart Cycler System/Smart Cycler II System(Cepheid社)
    ・ LightCycler(Roche Diagnostics社)
*3試薬の反応性を確認するためのコントロール実験用です。
*4蛍光標識プローブのため遮光に留意してください。

保存

-20℃

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

  1. リアルタイムPCR 用遺伝子増幅システム(authorized instruments)
  2. 専用反応チューブあるいはプレート
  3. PCR用プライマー*
  4. サイクリングプローブ*
  5. 滅菌精製水
  6. マイクロピペットおよびチップ(オートクレーブ処理したもの)
* プライマーおよびサイクリングプローブの設計方法は、説明書の「VIII.プライマー・プローブの設計について」をご参照ください。タカラバイオではプライマーおよびサイクリングプローブのカスタム設計・合成サービスをご案内しています。また、SNPs解析を行う場合は、SNP検出用(一塩基置換)プライマー・サイクリングプローブ設計/注文システム「CycleavePCR Assay Designer (SNPs)」をご利用ください。

特長

  1. リアルタイムPCRとサイクリングプローブ法により、遺伝子の検出、定量を迅速かつ正確に行うことができる。一塩基の違いを識別するSNP検出系を構築することも可能。
  2. CycleavePCR Reaction Mixは2×濃度のプレミックス試薬である。プライマー、サイクリングプローブ、鋳型と滅菌蒸留水を加えるだけでリアルタイムPCRを行うことができる。
  3. PCRにはホットスタートPCR用酵素TaKaRa Ex Taq HSを用いている。バッファー系はリアルタイムPCR用に至適化されているため、増幅効率が良く、高感度な検出が可能である。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ