E. coli TH2 Competent Cells

  • ●SOC培地添付
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 9056 9056 E. coli TH2 Competent Cells
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 Set(100 μl×10) ¥23,000
在庫なくなり次第終売 説明書・データシート・ベクター情報

E. coli Competent Cells について

MandelとHigaによる大腸菌における形質転換法の確立は、組換えDNA実験の重要な基礎となった。大腸菌をCaイオン存在下に置くと外来DNA(プラスミド、ファージDNA)を細胞内に取り込む“コンピテント”状態になり、この状態の細胞をコンピテントセルと称している。
組換えDNA実験では、コンピテントセルを用いた形質転換、形質導入等がよく行われるが、効率が高く再現性のよいコンピテントセルの作製は難しいとされている。遺伝子ライブラリーの作製、組換え体プラスミドの作製やサブクローニング等、特に目的とする遺伝子の含量が少ない場合では導入効率の高いコンピテントセルを用いることが重要となる。
タカラバイオでは、Hanahanの方法を改良した新しい方法により、効率の高い10種類のCompetent Cells E. coli HST08 Premium、HST02、HST04 dam/dcm、JM109、DH5α、HB101、CJ236、BMH71-18 mutS、MV1184、TH2(これらは全てEK1系の宿主大腸菌である)を調製している。

製品説明

Enforcement Cloning System用宿主E. coli TH2
E. coli TH2は、supEtrpRrpsL株であり、trpプロモーター下流にアンバー変異を持つ致死遺伝子rpsLがコードされたEnforcement Cloning System用ベクターpKF3 DNA(販売終了)を使用することにより、外来遺伝子の挿入の有無をストレプトマイシン添加培地での生育で容易に判別できる宿主である。

内容

E. coli TH2 Competent Cells100 μl×10本
pBR322 DNA (0.1 ng/μl) 10 μl
SOC Medium*1 ml×10本
* SOC Mediumの組成 :
2%Tryptone
0.5%Yeast extract
10 mMNaCl
2.5 mMKCl
10 mMMgSO4
10 mMMgCl2
20 mMGlucose
【ご注意】
SOC Mediumを溶かした際に、稀に沈殿が生じる場合がありますが、品質には全く問題ありません。
沈殿が生じた場合は、室温で混ぜるかもしくは37℃で数分間温めて沈殿を溶かしてご使用ください。

保存

-80℃

E. coli TH2 Genotype

supE44, hsdS20(rBmB), recA13, ara-14, proA2, lacY1, galK2, rpsL20, xyl-5, mtl-1, thi-1, trpR624

Cell density

1~2×109 bacteria/ml

品質

1)形質転換効率
1 ngのプラスミドDNAで形質転換した場合
100 μl E. coli TH2 Competent Cells/1 ng pBR322 plasmid
   >1×107 transformants/1 μg pBR322 plasmid DNA

純度

100 μlのE. coli Competent Cellsを100 μg/mlの アンピシリンを含むLB-寒天培地にプレートした場合、コロニーは形成されない。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ