RNA干渉(RNAi)

    • shRNAによるRNAiで効率良く遺伝子特異的サイレンシングを実現
    • さまざまな細胞で効率よくshRNA発現を行うため、プラスミドタイプ、レトロウイルスタイプ、アデノウイルスタイプ、レンチウイルスタイプの製品を用意
    • 構成発現系、誘導発現系に加え、導入効率をモニターするための蛍光マーカー搭載製品も利用可能
表1. 各種RNAiベクター
製品名製品
コード
プラスミドレトロ
ウイルス
アデノ
ウイルス
レンチ
ウイルス
蛍光マーカー
搭載
誘導発現shRNA
の評価
pSINsiベクターシリーズ3660~3662       
pBAsiベクターシリーズ3220~3228       
RNAi-Ready pSIREN-RetroQ Vector631526       
pSIREN Control Vector Set631627*1      
RNAi-Ready pSIREN-RetroQ-ZsGreen1 Vector632455      
RNAi-Ready pSIREN-RetroQ-DsRed-Express Vector632487      
RNAi-Ready pSIREN-Shuttle Vector631527 *1      
Knockout Single Vector Inducible RNAi System630933       
Knockout Tet RNAi System H630925       
Knockout Tet RNAi System P630926       
Knockout Clone & Confirm RetroQ RNAi System632456       
Knockout Clone & Confirm RetroQ RNAi Core System632476       
Lenti-X shRNA Expression System632177      
pLVX-shRNA2 Vector632179     
ProLabel Quantitative Expression Vector Set631628      
*1 Knockout Adenoviral RNAi System 1と併用。
*2 クロンテック社のレンチウイルスベクターは、ご注文の際に、これらのベクターを使用するにあたり文部科学大臣による拡散防止措置の確認を受けていることをご提示いただく確認書の添付が必要である。(詳しくはウェブカタログを参照してください。)
注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ