LNA microRNA 定量PCR用プレート

microRNA Focus PCR Panel: Cancer

  • がんに関連する84種類のmicroRNA用プライマーを搭載したリアルタイムPCRパネル
  • 腫瘍のバイオマーカーとなるmicroRNAを迅速、簡便に定量
  • わずか20 ngのtotal RNAから解析可能
  • FFPE、生検組織、LCMサンプルからの特異的、高感度なmicroRNAプロファイリングに
  • 約3時間で全ての操作が完了
  • Version 4のPCR PanelはmiRBase ver. 20.0に対応
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
EXQ 203875 E23875 Cancer Focus microRNA PCR Panel, 96 well (V4.RO)
  • 取寄
1 Set
(4検体分)
¥136,000
説明書・データシート・ベクター情報
EXQ 203876 E23876 Cancer Focus microRNA PCR Panel, 96 well (V4.AF)
  • 取寄
1 Set
(4検体分)
¥136,000
説明書・データシート・ベクター情報
EXQ 203877 E23877 Cancer Focus microRNA PCR Panel, 96 well (V4.MI)
  • 取寄
1 Set
(4検体分)
¥136,000
説明書・データシート・ベクター情報
EXQ 203878 E23878 Cancer Focus microRNA PCR Panel, 96 well (V4.ST)
  • 取寄
1 Set
(4検体分)
¥136,000
説明書・データシート・ベクター情報
EXQ 203883 E23883 Cancer Focus microRNA PCR Panel, 384 well (V4.R)
  • 取寄
1 Set
(8検体分)
¥228,000
説明書・データシート・ベクター情報
EXQ 203884 E23884 Cancer Focus microRNA PCR Panel, 384 well (V4.M)
  • 取寄
1 Set
(8検体分)
¥228,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Cancer Focus microRNA PCR Panelは、腫瘍形成やがん診断に重要と考えられている84種類のmicroRNA検出用プライマーを搭載したリアルタイムPCRパネル製品です。これらのmicroRNAは、文献データや数千のFFPEサンプルを保有するバイオバンクの情報をもとに選択されており、27種類のがんのマーカーとして利用できると考えられます。
本製品は、がんの進行、再発、転移などに関与するmicroRNAを解析できるようにデザインされており、がんサンプルの迅速で正確な解析や、新規microRNAバイオマーカーの検索に利用することができます。

本製品は、96 well plate、または384 well plateの各ウェルに、設計済、反応性確認済のmicroRNA LNA PCR Primer Setが1反応分ずつ乾燥状態で含まれており、Universal cDNA Synthesis Kit IIで逆転写したcDNAとExiLENT SYBR Green master mix, Universal RTを混合するだけで、反応をすぐに開始することができます。プレートタイプが異なる複数の製品が用意されており、リアルタイムPCR装置の機種に応じた製品を選択することができます。
cDNA合成反応およびリアルタイムPCR反応には必ずExiqon社の試薬を使用してください。

製品のバージョンアップについて

新製品のV4パネルが発売されました。変更点については下記をご確認ください。

Cancer Focus microRNA PCR Panel, 96 well/384 well
  旧製品(V3) 新製品(V4)

製品コード

203832、203833、203834、203835、203840、203841 203875、203876、203877、203878、203883、203884

対応miRBase

ver. 19.0 ver. 20.0
変更点:V4パネルはmiRBase v.20.0に対応(12種類の既存のprimer setの設計を更新。UniSp5およびUniSp6 PCR primer setの設計を更新)。搭載primer setの詳細情報はExiqon社のWebサイトをご確認ください。
旧製品の販売は終了しました。

適応機種

96-well instrument coverage

AF-type

Applied Biosystems 7500 Fast, 7900 Fast, 7900HT Fast Real-Time PCR system
Applied Biosystems StepOnePlus Real-Time PCR system
Applied Biosystems ViiA 7 (FAST)
Applied Biosystems Quantstudio w. 96 well FAST block

RO-type

Roche LightCycler 480 Real-Time PCR system

MI-type

Applied Biosystems 7000, 7300, 7500, 7700 Real-Time PCR system
Applied Biosystems ViiA 7 (96-well Block)
Applied Biosystems Quantstudio w. 96 well std. block
BioRad iCycler, iQ4, iQ5, MyiQ, Chromo4
Eppendorf Mastercycler ep Realplex
Stratagene Mx4000 (after 2003)

ST-type

Stratagene Mx3000P, Mx3005P


384-well instrument coverage

M-type

Applied Biosystems 7900HT and ViiA 7 Real-Time PCR system
Bio-Rad CFX 384 Real-Time PCR system

R-type

Roche LightCycler 480 Real-Time PCR system

microRNAとがん疾患

microRNA調節不全と、ヒトのがんを含むさまざまな疾病の段階との関連性については、多数の研究報告がなされており、microRNAは、がん遺伝子または腫瘍抑制因子として働くことが示唆されています。また、microRNAは一般的な臨床検体(FFPEブロック、血漿、尿、唾液など)で比較的高い安定性を示し、個々の組織タイプと疾患の段階の分子マーカーとして機能し得ることから、microRNAの定量は広範囲な診断に応用できる有用な手段と考えられます。microRNAは、がんの種類の分類や、がん進行、治療効果をモニターするためのバイオマーカーとして利用できる可能性が示唆されています。

Cancer Focus microRNA PCR Panelでプロファイリングできる がんの種類の例
Adrenal、Bladder、Brain、Breast、Cervical、Colorectal、Endometrial、Esophagus、Gallbladder B-cell、GIST、Hodgkin’s Lymphomas、Kidney、Liver (HCC and CCAs)、Lung、Melanoma、Ovarian、Pancreatic、Papillary thyroid、Prostate、Sarcoma、Stomach、Thyroid Hurthle and follicular cell、Uterine

搭載プライマー

がん関連のmiRNA

84種類

miRNA reference gene

miR-103*1, miR-191*1, miR-423-5p*1,

snRNA reference gene

SNORD49A*1, U6 snRNA*1, SNORD38B*1

Inter-plate calibrator 

UniSp3 IPC*2およびRNA Spike-in(UniSP6 CP)*3

*1 microRNA Ready-to-Use PCR, Human panelにも使用されているリファレンスmiRNA/snRNA
*2 プライマーと鋳型DNAが含まれており、ウェル間およびプレート間のPCR効率のキャリブレーターとして利用できる。
*3 ExiLENT SYBR Green master mix, Universal RTに含まれるControl primer setと同じプライマーである。Universal cDNA Synthesys Kit IIに含まれるRNA Spike-in template(UniSp6)の検出に使用できる。


各パネルに搭載されているプライマーセットの最新リストはExiqon社のWebサイトよりダウンロードすることができます。

使用例


図1. 6種類のがんの比較
甲状腺がん、卵巣がん、直腸結腸がん、膵臓がん、腎臓がん、乳がんのmicroRNA発現プロファイルを比較した。がんの種類によって異なる発現パターンが得られており、microRNAの発現プロファイルは、がんの種類の同定や治療効果をモニタリングするためのバイオマーカーとして利用できることが示唆される。


図2. 4種類のがんのmiRNA発現解析
4種類のがん(膵臓、肺、結腸、肝臓)で異なるmiRNA発現パターンが見られた。

PCRパネルレイアウトファイル

PCRパネル製品に搭載されているLNA miRNA PCR primer setの詳細は、こちらのExiqon社Webサイトに掲載されているレイアウトファイルにてご確認ください。

内容

Cancer Focus microRNA PCR Panel, 96 well(製品コード 203832~203835、203875~203878)

96 well plateが4枚(1枚あたりに1回分のプライマーセットが含まれており、4サンプル解析可能)

Cancer Focus microRNA PCR Panel, 384 well(製品コード 203840、203841、203883、203884)

384 well plate が2枚(1枚に4回分のプライマーセットが含まれており、8サンプル解析可能)

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ