バランスのよい遺伝子導入効率&発現! まずはじめにお試しください

pDON-5 DNA

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 3657 3657 pDON-5 Neo DNA
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
20 μg ¥57,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR 3658 3658 pDON-5 DNA
  • ライセンス
  • バルクなど特別対応可能
20 μg ¥57,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は高効率かつ高発現遺伝子導入用レトロウイルスベクターを調製するためのレトロウイルスプラスミドである。
本ベクターは、LTRとパッケージングシグナル(Ψ配列)以外の MoMLV由来遺伝子(gag, pol, envコード配列)を含まず、かつ目的遺伝子の発現効率をさらに向上させるために、クローニングサイトの上流にスプライシング能の高いヒトEF1α由来のイントロンを持ち、高い転写能が得られる点が特徴である。さらに、5’LTR のU3領域がより強力なサイトメガロウイルス由来のプロモーターに置換されているため、高力価の組換えレトロウイルスを得ることが期待できる。pDON-5シリーズを用いることで、pMEI-5シリーズよりも高力価の組換えレトロウイルスを得ることができ、さらにpDON-AI-2シリーズに比べ、高い遺伝子発現が期待できる。なお、pDON-5 Neo DNA(製品コード 3657)は薬剤選択マーカーとしてネオマイシン耐性遺伝子を有している。

保存

-20℃

形状

10 mM Tris-HCl (pH8.0)
1 mM EDTA

特長

1 ) 導入遺伝子が染色体に組み込まれるため、長期間、安定に遺伝子の発現ができる。導入遺伝子を染色体に組み込む能力のない他のベクターでは、導入遺伝子が細胞内で分解されたり、細胞分裂にともない希釈されてしまう。そのため、遺伝子発現は一過性で持続しない。レトロウイルスベクターは、染色体に組み込まれるため、安定で分裂後も確実に伝搬される。
2 ) レトロウイルスを除いた他のウイルスベクターの作製には複雑な作製手順が必要だが、レトロウイルスの場合は、比較的容易にウイルスベクターを作製することが可能である。
3 ) 増殖期にある多くの細胞種への遺伝子導入が可能である。とりわけ、物理・化学的手法ではほとんど遺伝子導入できなかった造血幹細胞にも、フィブロネクチンフラグメント(RetroNectin (製品コード T100A/B))を用いることにより、レトロウイルスベクターを介した高効率での遺伝子導入が可能となった。

pDON-5 DNAのシーケンスデータ

使用上の注意

本製品をご使用の際には、以下の点にご注意ください。
  • pDON-AIベクター、pMEI-5ベクターおよびpDON-5ベクターはViroMed社(韓国)よりライセンスを受け、タカラバイオ株式会社が製造、販売しています。
    本製品につきましては、以下の点にご注意ください。

    1.使用制限および譲渡禁止
       本製品は研究用として販売しております。研究目的以外に使用することはできません。
       (また、本製品ならびに本製品により得られた生物材料を第三者へ譲渡することはできません。)

    2.研究目的以外の使用に関するライセンス
       本製品を研究目的以外に使用される場合は、個別にライセンス契約の締結が必要です。事前に弊社にお問い合わせください。
  • 本レトロウイルスベクターの系によって生産されるウイルス上清は、挿入断片によっては危険なウイルスを含む恐れがあるため、組換えレトロウイルスの生産と取扱いには、適切な処置をとる必要があります。ご利用の際は、管轄省庁および組織内安全委員会の定める組換えDNA 実験指針に従ってください。
  • 本製品の使用によって生じたいかなる事故、損害についても、弊社では責任を負いかねますので、ご了承の上ご使用ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ