Adeno-X™ 発現システム3 (In-Fusionタイプ)

  • 高力価、高発現かつ広い宿主細胞域を特徴とするアデノウイルスシステム
  • アデノウイルスへのクローニングが、より迅速で簡単に
  • シャトルベクターを介さず、直接アデノウイルスベクターにクローニング
  • わずか2~3日以内に90%以上の効率でクローニングが可能
  • 既存発現カセットや自作した発現カセットも挿入できる高い柔軟性
  • 分裂もしくは非分裂細胞への形質導入
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632269 Z2269N Adeno-X™ Adenoviral System 3 (CMV)
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥177,200
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632268 Z2268N Adeno-X™ Adenoviral System 3 (CMV, Red)
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥200,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632267 Z2267N Adeno-X™ Adenoviral System 3 (CMV, Green)
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥200,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632266 Z2266N Adeno-X™ Adenoviral System 3 (Universal)
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥177,200
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632265 Z2265N Adeno-X™ Adenoviral System 3 (Universal, Red)
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥200,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632264 Z2264N Adeno-X™ Adenoviral System 3 (Universal, Green)
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥200,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631180 Z1180N Adeno-X™ Adenoviral System 3 (Tet-On 3G Inducible)
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥269,900
説明書・データシート・ベクター情報

Adeno-X Adenoviral System 3は、In-Fusionクローニングシステムを用いることにより、非常に簡便かつ迅速に効率よく組換えアデノウイルスベクターを構築できるシステムである。このシステムは標準的なトランスフェクション法や他のウイルス発現系と比較して以下の点で優れている。

高いタンパク質発現量
アデノウイルスを介した遺伝子導入法は、哺乳類細胞内で大量のタンパク質を発現できる(1)。標的細胞には目的遺伝子を含む組換えアデノウイルスが高い効率で複数コピー感染するため、目的タンパク質を高いレベル(最大、タンパク質総量の20%)で一過性に発現することができる。

多くの種類の哺乳類細胞に効率よく感染
アデノウイルスはヒト由来細胞の大部分に感染する他、マウス、ラット、イヌ、ニワトリ、ウサギ、ヒツジ、ブタなどヒト以外の哺乳類細胞の多くにも感染する(2~11)。またアデノウイルスは、分裂細胞と非分裂細胞のいずれにも感染する。広範囲の宿主細胞域と高レベルな遺伝子発現の相乗効果により、遺伝子機能解析、RNAi実験、ワクチン開発の他、トランスジェニック動物の研究などにも理想的なシステムである。

短期間で結果が得られる最適化されたプロトコール
Adeno-X Adenoviral System 3は、2~3日間で組換えアデノウイルスが得られるように最適化されている。本システムではIn-Fusionクローニングシステムを採用し、シャトルベクターを経ずに通常のプラスミドへのクローニングと同様に直接Adenovirusベクターに目的遺伝子を導入することができる(図1)。In-Fusionクローニングシステムは、それぞれのDNA断片の末端15塩基が相同であれば、短時間に効率よく、In-Fusion酵素がそれらのDNA断片を融合することができる。制限酵素切断や平滑末端化処理、リガーゼ反応などを行うことなく、1ステップの反応でPCR断片を任意のベクターにクローニングできる。
プレミックスタイプのIn-Fusion HD Cloning Kitでは、反応時間が15分に短縮され、さらにクローニング効率が向上し、質の高いクローニングが可能である。



図1. In-Fusionクローニングを使用した組換えアデノウイルスの構築
目的DNA断片はPCR断片としてIn-Fusionクローニング法により、各種pAdenoXベクターへ迅速にクローニングすることができる。上記例では、目的遺伝子をpAdenoXベクターの末端15塩基と相同な配列を持つように増幅。このPCR産物を精製後、pAdenoXベクターと混合し、In-Fusion反応に使用。In-Fusion反応後、反応液の一部を大腸菌Stellar Competent Cellに形質転換し、スクリーニングを行う。陽性クローンを同定後、組換えpAdenoXベクターを増幅、精製し、制限酵素Pac Iによる線状化を行い、HEK293細胞へ導入することによりウイルス構築と増幅を行う。

高力価、容易なウイルス増幅、高い安定性
Adeno-Xを始めとした組換えアデノウイルスベクターは細胞内でE1タンパク質を供給するHEK293細胞などのパッケージング細胞でのみ細胞溶解を起こす。即ち、ひとつの細胞から生産されたアデノウイルスは、隣接した細胞に再感染することで増幅することができ、どのような組換えレンチウイルスよりもはるかに高いタイター(>109 IFU/ml)を得ることができる(表1)。作製したウイルスは簡単に再増幅させることができ、より多くのウイルス粒子を得ることができる。また、アデノウイルスは高タイターな状態で分注し、長期間凍結保存することができる。

表1. アデノウイルスとレンチウイルスの比較
 アデノウイルスレンチウイルス
様々なヒト細胞への感染
分裂細胞、非分裂細胞への感染
宿主ゲノムへの非組込み×
高レベルなタンパク質発現(総タンパク質の10~20%以下)×
長鎖インサートDNA(8 kb以下)の保持×
スケールアップおよび増幅の容易さ×
高タイター(109 IFU/ml以上)×
M.O.I. 25以上の感染×

7種類の発現フォーマットを用意

Adeno-X Adenoviral System 3は下記の7種類の発現フォーマットから選択することができる。

表2. Adeno-X Adenoviral System 3 フォーマット

テトラサイクリン誘導性発現

pAdenoX-Tet3Gベクターを使用することにより、厳密かつ非常に感度良く遺伝子発現をコントロールすることができる。アデノウイルスベクター上にTet-On 3Gトランス活性化因子とPTRE3Gプロモーターの両方が搭載されているため、ドキシサイクリン誘導により、厳密にコントロールされた遺伝子発現を簡単に行うことができる(図2)。


図2. Adeno-X Tet-On 3Gにより、非常に高い誘導倍率を得ることができる
Adeno-X Tet-On 3G Systemを用いた誘導倍率は約3,000倍である。高タイターウイルス上清を同量使用し、各Dox濃度で培養を行ったHeLa細胞をAdeno-X Tet-On 3G Luciferase Virusにより感染させ、その後、細胞を回収しルシフェラーゼアッセイを行った。

様々な発現カセットをユニバーサルベクターへクローニング

Universalシステム(製品コード632264, 632265, 632266)はクローニングサイトにプロモーターとpolyAシグナルを含まないため、様々な発現プロモーターを導入して使用することができる。In-Fusion HD Cloning Kitを利用すれば、すでに構築済のベクターから発現カセット全体(プロモーター、目的遺伝子、polyAシグナルを含む)をPCRで増幅し、クローニングすることができる(図3、A)。
Adeno-X Adenoviral System 3(Universal)は標的細胞に応じた最適なプロモーター(EF1αや組織特異的プロモーターなど)を利用することができる。また、構築済shRNAまたはmiRNA発現ベクターの発現カセットをUniversalベクターに組込み、高効率なRNAiデリバリーシステムを作製することもできる。さらに、プロモーター、目的遺伝子などの複数DNA断片をIn-Fusion HD Cloning Kitにより一度にクローニングすることで新規な発現カセットも容易に作製できる(図3、B)。


図3. Universalベクターへの発現カセットのクローニング例
Universalベクターはプロモーター、polyAシグナルを含まないため、様々なタイプの発現カセットをクローニングし、使用することができる。In-Fusion HD Cloning Kit用いれば、構築済ベクターから発現カセット全体のサブクローニングを行ったり(A)、複数のDNA断片を用いた1回のクローニング操作で、容易に新規な発現カセットを作製することが可能である(B)。

Technical Notes

内容

(1)Linearized pAdenoX Vector DNA
(2)Adeno-X Screening Primer Mix 3
(3)Adeno-X Control Fragment
(4)In-Fusion HD Cloning Kit (製品コード 639648)
(5)NucleoSpin Gel and PCR Clean-Up Kit (製品コード 740609.10)
(6)Stellar Competent Cells (製品コード 636763)
(7)NucleoBond Xtra Midi kit (製品コード 740410.10)

保存

室温(5)、(7)
-20℃(1)、(2)、(3)、(4)および(6)のSOC MediumとTest plasmid
-70℃(6)のcompetent cell

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ