Adeno-X™ GoStix™(簡易アデノウイルス力価判定試薬)

  • アデノウイルス力価を簡易的に判定
  • わずか30秒~20分で判定可能
  • ウイルス回収の最適なタイミングを迅速に判断
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632270 Z2270N Adeno-X™ GoStix™
  • アデノウイルスベクターによる遺伝子導入
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
20回 ¥43,300
¥34,640
2017/07/03~
2017/08/31

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

Adeno-X GoStixは、迅速にアデノウイルス力価を確認することができる簡易力価判定キットである。ウイルス培養上清20 μlをGoStixに滴下した後、Chase Bufferを4滴滴下するだけの簡単な操作により、30秒~20分後にウイルス力価を判定できる。高力価のアデノウイルスが得られている場合、本体の窓部分に明瞭なバンドが確認できる。アデノウイルス調製操作の成否を簡単に判定でき、手間や時間を低減できる。結果として、高力価のウイルス上清を得るための最適なウイルス回収タイミングを判断できる。



図1. Adeno-X GoStixを用いたアデノウイルス力価の判定例
パネルA Adeno-X GoStixの操作手順。20 μlの培養上清をGoStixに滴下した後、Chase Buffer 2を4滴滴下して30秒~20分間待つ。充分なウイルス粒子が得られていればテスト(T)バンドに明瞭なラインが現れる。
パネルBAdeno-X GoStixの使用例。Pac I消化したZsGreen1発現アデノウイルスをHEK 293細胞にトランスフェクトしウイルス産生を行った。トランスフェクションから0日後(Day 0)と4日後(Day 4)に細胞変性効果を位相差顕微鏡と蛍光顕微鏡により観察した。培養上清20 μlを取り Adeno-X GoStixでの力価判定を行った。Day 4の細胞において、位相差顕微鏡および蛍光顕微鏡による観察では、プラークの割合が少ない場合でも、Adeno-X GoStixは培養上清からウイルスを検出することが可能であった。


図2. 拡大調製したアデノウイルス力価の判定例
パネルA HEK293細胞を用いてZsGreen1発現アデノウイルスの拡大調製を行った。 感染から2、3、4、5日目に、培養上清と細胞ペレットを回収し、それぞれ蛍光を発している細胞数を計測し、ウイルス力価(IFU)を求めた。細胞ペレット中のウイルス量は、培養上清から得られたウイルス量と比例していた。なお、培養上清中のウイルス量は全ウイルス産生量の10% 以下であった。
パネルB培養上清とアデノウイルス産生量の相関性。IFU を決定後、20 μl の培養上清を Adeno-X GoStixで分析した。ラインはIFU測定で観察されたウイルス量の増加に比例して濃くなった。

内容

Adeno-X GoStix(製品コード 632270、20回用)
Adeno-X GoStix20回
Chase Buffer 23ml×2
Hexon Control1回

保存

室温

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ