DNAサンプルからのエンドトキシン除去に

MiraCLEAN® Endotoxin Removal Kit

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MIR MIR5910 V5910 MiraCLEAN® Endotoxin Removal Kit
  • トランスフェクション・エレクトロポレーション試薬
10 mg DNA用 ¥28,000
¥22,400
2017/09/01~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR5900 V5900 MiraCLEAN® Endotoxin Removal Kit
  • トランスフェクション・エレクトロポレーション試薬
  • 取寄
100 mg DNA用 ¥78,000
¥62,400
2017/09/01~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

本製品は、DNAサンプルからバクテリア由来のエンドトキシン除去を効率よく簡便に行うキットである。
トランスフェクションに用いるプラスミドDNAは、E. coli等のグラム陰性菌を宿主として調製されることが多い。グラム陰性菌の細胞壁はリポ多糖(エンドトキシン)で構成されるため、プラスミドDNA調製の過程で微量のエンドトキシンが混入してくる。
in vivoin vitroでDNAトランスフェクション実験を行う際、調製プラスミドDNAに混入しているエンドトキシンレベルが導入効率に影響することが知られている。本製品を用いて、トランスフェクションに用いるDNAサンプルからエンドトキシンを除去することにより、安全で効率よく遺伝子導入を行うことが可能である。

図1.MiraCLEAN KitによるクルードプラスミドDNAからのエンドトキシン除去効率
精製プラスミドDNAに50,000 units/mg DNAとなるようにエンドトキシンを添加した後, MiraCLEAN Kitを使用し3回抽出を行った。エンドトキシン濃度は、2,000分の1以下となった。


図2.MiraCLEAN Kit処理されたプラスミドのトランスフェクション効率
トランスフェクション試薬TransIT-LT1(2 μl)を使用し、プラスミドDNA(各2 μg)を6ウェルプレートにてCOS-7細胞へ導入した。
24時間後、ルシフェラーゼの発現を定量した。

内容

(製品コード MIR5910)
EndoGO Extraction Reagent* 2.2 ml
MiraCLEAN Buffer 2.0 ml
* 使用前に室温に戻し、ボルテックスで混合すること

保存

4℃(凍結厳禁)

特長

  • 高効率でエンドトキシンを除去(30 EU/mg以下のプラスミドDNAが調製できることを製品バッチ毎にテスト済)
    繰り返し除去操作を行うことで、より効果的にDNAサンプルからエンドトキシンを除去できる。
  • in vivoin vitroの両方へ応用可能
    in vivoにおけるエンドトキシンショックや発熱、in vitroでのトランスフェクション効率の低下を軽減する。
  • 2層分離で簡単に識別可能
    ピンク色のEndoGO Extraction Reagentにより、DNA層とエンドトキシン層の分離が明瞭となり、DNAの回収率が向上する。
MiraCLEANはMirus Bio社の登録商標です。

関連のオンラインガイドはこちら

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ