TransIT®-Keratinocyte Reagent

  • ケラチノサイト細胞に最適化されたトランスフェクション試薬
  • 従来のリポソーム法に比べてトランスフェクション時の細胞毒性が低い
  • ケラチノサイト細胞に対して、20~30%の導入効率を実現
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MIR MIR2804 V2804 TransIT®-Keratinocyte Transfection Reagent
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
0.4 ml ¥38,000
詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR2800 V2750 TransIT®-Keratinocyte Transfection Reagent
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 ml ¥59,000
詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR2805 V2805 TransIT®-Keratinocyte Transfection Reagent
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 ml×5 ¥250,000
詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR2806 V2806 TransIT®-Keratinocyte Transfection Reagent
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 ml×10 ¥480,000
詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR2810 V2810Q TransIT®-Keratinocyte Transfection Reagent Sample
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
0.1 ml サンプルお申込みはこちら 説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

TransIT- Keratinocyte Transfection Reagentは、ケラチノサイト細胞に最適化されたトランスフェクション試薬である。他のTransITシリーズと同様、細胞に対する毒性が低く、高い導入効率を実現する。

図1. 高い導入効率を示すTransIT-Keratinocyte
TransIT- Keratinocyteを用いて、NIKS (Near-Diploid Immortalized Keratinocytes)細胞にβ-ガラクトシターゼレポーターベクターを完全培地中でトランスフェクションし、48時間後にβ-Galactosidase Staining Kit(製品コード MIR2600)を用いてレポータータンパク質の発現を確認した。

保存

4℃

トランスフェクション試薬選択 オンラインツール

◆選択ガイド

実験目的別に、各標的細胞に最適な遺伝子導入試薬(Mirus社製品)をまとめました。
効率的な試薬の選択にご活用ください。
▶ 遺伝子導入試薬 選択ガイド(Mirus社)

◆検索ツール

“Reagent Agent”は、Mirus社が提供するトランスフェクション試薬の検索ツールです。
細胞と導入する核酸の種類から、推奨されるトランスフェクション試薬を検索することができます。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ