昆虫細胞用トランスフェクション試薬

TransIT®-Insect Transfection Reagent

  • Sf9、High Five、S2など幅広い昆虫細胞株へのトランスフェクションが可能
  • 高いバキュロウイルス産生能
  • 血清入り培地が使用でき、トランスフェクション後の培地交換が不要
  • 動物由来成分フリー
  • 試薬の使用量が少なく経済的
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MIR MIR6104 V6204 TransIT®-Insect Transfection Reagent
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
0.4 ml ¥23,000
詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR6100 V6201 TransIT®-Insect Transfection Reagent
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 ml ¥46,000
詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR6105 V6205 TransIT®-Insect Transfection Reagent
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 ml×5 ¥189,000
詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR6106 V6206 TransIT®-Insect Transfection Reagent
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 ml×10 ¥348,000
詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR6110 V6210S TransIT®-Insect Transfection Reagent Sample
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
0.1 ml 詳細はこちら
サンプルお申込みはこちら
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

昆虫細胞は、発現タンパク質の翻訳後修飾が期待できる有用な遺伝子発現ツールで、昆虫細胞での発現は、一過性のトランスフェクションと組換えバキュロウイルス産生が一般的に行われている。
本製品は、幅広い昆虫細胞株で高発現を得るために至適化された動物由来成分不含のトランスフェクション試薬である。
バキュロトランスフェクション
図1.TransIT-Insectを用いたバキュロウイルスゲノムDNAの高効率トランスフェクション
TransIT-Insectを用い、6ウェルプレートで5×105個のSf9細胞へコトランスフェクションを行った。コトランスフェクションには、GFPを搭載したProGreen baculovirus genomic vector DNA(AB Vector)(製品コード AV100)0.5 μgとpVL1393 transfer vector(AB Vector)(製品コード AV200)0.1 μgを用い、DNA総量(μg)に対して3倍量の試薬(μl)を使用した(試薬:DNA=3:1)。トランスフェクション6日後に蛍光位相差顕微鏡観察を行った。A:蛍光観察 B:蛍光/位相差Merge
他社比較
図2.他社製品との比較
96ウェルプレートで昆虫細胞株Sf9(A)、High Five(B)、Drosophila S2細胞(C)のトランスフェクションを行った。トランスフェクションは、hr5 enhancer/IE1 promoterを持つルシフェラーゼ発現ベクター0.1 μgを用い、各製品推奨の試薬:DNA比(μl:μg)に従って実施した。トランスフェクション48時間後に、ルシフェラーゼの発現量を測定した(N=3)。Sf9とHigh Five細胞は無血清培地で培養およびトランスフェクションを行い、S2細胞は血清含有培地で行った。
組換えタンパク質発現
図3.High Five細胞での組換えタンパク質発現
High Five細胞に各試薬を用いてトランスフェクションを行った。トランスフェクションは6ウェルプレートを使用し、hr5 enhancer/IE1 promoterを持つGFP発現ベクター2.5 μgを、各製品推奨の試薬:DNA比(μl:μg)に従って実施した。トランスフェクション72時間後に100 μlの培養細胞から可溶性ライセートを調製し、SDS-PAGE、CBB染色を行い、Cells alone(トランスフェクションなし)をコントロールとして発現量を比較した。TransIT-Insectでトランスフェクションした細胞ライセートでは、高レベルのGFP(約38 kDa;6×Hisタグ、Sタグ、HSVタグを含む)が検出された()。
発現量の増加
図4.トランスフェクション後のタンパク質発現量の増加
TransIT-Insectを用いて、96ウェルプレートで昆虫細胞株Sf9(A)、High Five(B)、Drosophila S2(C)へのトランスフェクションを行った。トランスフェクションはhr5 enhancer/IE1 promoterを持つルシフェラーゼ発現プラスミド0.1 μgを用い、試薬:DNA比=2:1(μl:μg)で実施し、トランスフェクションから24、48、72時間後にルシフェラーゼ活性を測定した(N=3)。Sf9とHigh Five細胞は無血清培地で培養およびトランスフェクションを行い、S2細胞は血清含有培地で行った。

保存

-20℃

トランスフェクション試薬選択 オンラインツール

◆選択ガイド

実験目的別に、各標的細胞に最適な遺伝子導入試薬(Mirus社製品)をまとめました。
効率的な試薬の選択にご活用ください。
▶ 遺伝子導入試薬 選択ガイド(Mirus社)

◆検索ツール

“Reagent Agent”は、Mirus社が提供するトランスフェクション試薬の検索ツールです。
細胞と導入する核酸の種類から、推奨されるトランスフェクション試薬を検索することができます。

トランスフェクション試薬文献選択 オンラインツール

“Citations Database”は、Mirus社が提供する文献検索ツールです。
キーワド、製品名、細胞種から、使用文献を検索することができます。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ