Lenti-X™ レンチウイルス濃縮試薬

  • レンチウイルス上清と混合して遠心するだけの簡便操作
  • 面倒な超遠心分離は不要
  • 大容量へのスケールアップも簡単
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631231 Z1231N Lenti-X™ Concentrator
  • 遺伝子導入実験スタートアップ!セットキャンペーン
100 ml ¥34,000
2017/04/24~
2017/05/31

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631232 Z1232N Lenti-X™ Concentrator
500 ml ¥124,600
説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

実験操作動画はこちら

製品選択ガイド(English)

製品説明

Lenti-X Concentratorは超遠心分離を行うことなく、簡便、迅速、しかも高効率にレンチウイルス上清の濃縮を行うことができる試薬である。プロトコールは極めて簡便で、ウイルス上清にLenti-X Concentratorを混合して、インキュベート後に標準的な遠心機を用いて遠心し、上清を除いたペレットを1/10~1/100容量に再懸濁するだけである(図1)。これによりウイルス力価を最大100倍まで高めることができる。Lenti-X Concentratorは、ClontechのLenti-Xシリーズのレンチウイルスを含めたすべてのレンチウイルス上清に用いることができ、さらに用途に合わせて大容量へのスケールアップも簡単に行うことができる。

ウイルス力価を最大100倍に

Lenti-X Concentratorを用いれば、さまざまな液量のレンチウイルス上清を、約90%のウイルス粒子を保持したままウイルス力価を107 IFU/mlから109 IFU/mlまで高めることができる(図2)。

さまざまな液量や力価のウイルス上清に対応

Lenti-X Concentratorは4×の試薬として提供されるため、さまざまな液量や力価のレンチウイルス上清に用いることができ、例えば30 mlのウイルスを含む培養上清には、Lenti-X Concentratorを1/3量、10 mlを添加して使用する。ウイルス上清を250 mlに希釈した後にLenti-X Concentratorを用いて濃縮し、ペレットを2.5 mlのPBSに再懸濁したところ、95%以上のウイルス粒子を回収することができた(図3A)。また、連続希釈して得た力価の異なるレンチウイルス上清を、それぞれLenti-X Concentratorを用いて1/100液量に濃縮することで、力価を約100倍に高めることができた(図3B)。Lenti-X Concentratorはウイルス量や力価、液量によらず、さまざまなレンチウイルス上清の濃縮に用いることができる。
表1. Lenti-X Concentratorを用いたウイルス濃縮と従来の超遠心を用いた方法の比較
特徴 Lenti-X Concentrator 超遠心法
スケール適応性 不可
特別な装置 不要 必要
所要時間 1時間以内 4時間から一晩
簡便性 ++++
収量 90%以上 90%以上


図1. Lenti-X Concentratorを用いたレンチウイルス濃縮の概要
レンチウイルス上清にLenti-X Concentrator を混合し、4℃で30分~O/Nインキュベートする。インキュベート後、1,500 ×g、4℃で45分間遠心し、上清を除いた後のペレットを1/10~1/100量のPBSなどに再懸濁する。


レンチウイルスの濃縮(操作方法を動画でご覧ください)





図2. サンプルロスを最小限に抑えた効率的なレンチウイルス濃縮
pLVX-ZsGreen1ベクターを用いて作製したレンチウイルス上清をLenti-X Concentratorを使用して3 mlから30 μlに濃縮し、ウイルス力価を100倍に高めた。濃縮後も濃縮前の約90%のウイルス粒子が存在することが分かる。ウイルス力価はZsGreen1発現レンチウイルスをHT1080細胞株に感染させフローサイトメトリーにより求めた。


図3. 大容量やさまざまな力価のウイルス上清の濃縮例
レンチウイルス上清を250 mlに希釈し、Lenti-X Concentratorを用いて2.5 mlに濃縮した(パネルA)。また、10倍ずつ連続希釈した高力価レンチウイルス上清各10 mlを、Lenti-X Concentratorを用いて100 μlに濃縮した(パネルB)。ウイルス力価はZsGreen1発現レンチウイルスをHT1080細胞株に感染させフローサイトメトリーにより求めた。

内容

・4× Lenti-X Concentrator (100 ml or 500 ml)

※本試薬100 mlによりウイルス上清300 mlを処理できる。

保存

4℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ