バイディレクショナル発現ベクター

  • 2つの遺伝子を構成的に発現
  • レポーター搭載ベクターで目的遺伝子の発現をモニタリング可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631630 Z1630N pBI-CMV1 Vector
20 μg ¥111,200
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631631 Z1631N pBI-CMV2 Vector
  • ライセンス
20 μg ¥111,200
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631632 Z1632N pBI-CMV3 Vector
  • ライセンス
20 μg ¥111,200
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631633 Z1633N pBI-CMV4 Vector
  • ライセンス
20 μg ¥154,500
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631757 Z1757N Bidirectional Secreted Luciferase System
  • ライセンス
1 Set ¥124,600
説明書・データシート・ベクター情報

哺乳類細胞用のpBIバイディレクショナル発現ベクターは、2つの遺伝子(2種類の目的遺伝子、または目的遺伝子とレポーター遺伝子)を構成的に発現する。マルチクローニングサイト上の各遺伝子はヒトサイトメガロウイルスプロモーター(PminCMV)から両方向に転写される。
クロンテックのユニークなレポーター遺伝子とも組み合わせて使用できる。
  • pBI-CMV1ベクターは2つの目的遺伝子を構成的に発現する。


  • pBI-CMV2ベクターは目的遺伝子とAcGFP1を構成的に発現する。


  • pBI-CMV3ベクターは目的遺伝子とZsGreen1を構成的に発現する。


  • pBI-CMV4ベクターは目的遺伝子とDsRed2を構成的に発現する。


  • pBI-CMV5ベクターは目的遺伝子と分泌型ルシフェラーゼ MetLucを構成的に発現する。(pBI-CMV5ベクターはBidirectional Secreted Luciferase Systemの構成品としてのみ販売している。)
なお、安定発現株を作製するためには別途、抗生物質耐性遺伝子を含んだベクターとコトランスフェクションする必要がある。

内容

Bidirectional Secreted Luciferase System
(製品コード 631757)
・pBI-CMV5 Vector
・Ready-To-Glow Secreted Luciferase Reporter Assay

※pBI-CMV5 Vectorはベクター単品での販売はしていません。

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ