TransIT®-mRNA Transfection Reagent

  • RNAを高い効率で様々な細胞種に導入可能
  • mRNAやウイルスRNAなど、様々なRNAの導入が可能
  • 細胞毒性が低く血清培地も使用可能で、トランスフェクション後の培地交換が不要
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MIR MIR2225 V2225 TransIT®-mRNA Transfection Kit
  • トランスフェクション・エレクトロポレーション試薬
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
0.4 ml ¥62,000
¥49,600
2017/07/03~
2017/08/31

詳細はこちら
説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR2250 V2250 TransIT®-mRNA Transfection Kit
  • トランスフェクション・エレクトロポレーション試薬
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 ml ¥108,000
¥86,400
2017/07/03~
2017/08/31

詳細はこちら
説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR2255 V2255T TransIT®-mRNA Transfection Kit
  • トランスフェクション・エレクトロポレーション試薬
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 ml×5 ¥450,000
¥360,000
2017/07/03~
2017/08/31

詳細はこちら
説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR2256 V2256 TransIT®-mRNA Transfection Kit
  • トランスフェクション・エレクトロポレーション試薬
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 ml×10 ¥850,000
¥680,000
2017/07/03~
2017/08/31

詳細はこちら
説明書・データシート・ベクター情報
MIR MIR2251 V2251Q TransIT®-mRNA Transfection Kit Sample
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
0.1 ml サンプルお申込みはこちら 説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

TransIT-mRNAは、培養細胞にRNAをトランスフェクションするための試薬である。RNAを直接細胞質に導入することにより、転写調節機能の影響を受けることなく発現を行うことが可能となる。本製品は、mRNAやウイルスRNAなど、様々なタイプのRNA(2~10 kb)を様々な細胞に効率よく導入することができる。また、細胞毒性が低く血清含有培地で使用できるため、トランスフェクション後の培地交換操作が不要で、操作性にも優れている。12-well plateを使用した場合、1 mlで最大500回、0.4 mlで最大200回使用することができる。

ABC
図1. TransIT-mRNAを用いたDC 2.4樹状細胞へのGFP mRNAの導入例
TransIT-mRNAを用いて、キャップ構造とpolyA配列を持ちGFPをコードするmRNAを、DC 2.4細胞に導入した。24-well plateで一晩培養後1×105 cells/wellとなった細胞をトランスフェクションに用い、10時間後にGFPを検出した。
mRNAの添加量:(A)0.5 µg、(B)1 µg、(C)2.5 µg
Data courtesy of Kyle Phua (Principal Investigator: Kam W. Leong), Duke University

図2. TransIT-mRNAを用いた様々な樹状細胞へのGFP mRNAの導入例
マウス骨髄由来樹状細胞(BMDC)とマウス樹状細胞(JAWSII 及びDC 2.4)に、キャップ構造とpolyA配列を持ちGFPをコードするmRNA 1 μgをTransIT-mRNAを用いて導入した。
試薬:mRNA比TransIT-mRNA Reagent:Boost:mRNA = 1:1:1 (μl:μl:μg)
初代BMDC細胞、JAWSII 細胞及びDC 2.4細胞を24-well plateで一晩培養後、8×105 cells/wellとなったものをトランスフェクションに用いた。トランスフェクションから8時間後にフローサイトメトリーで測定を行った。それぞれ、少なくとも3回の独立した実験を行った。
Data courtesy of Kyle Phua (Principal Investigator: Kam W. Leong), Duke University

図3. ルシフェラーゼmRNAの導入例
TransIT-mRNAを用いて、12-well plateで培養した各細胞に、キャップ構造とpolyA配列を持ちルシフェラーゼをコードするmRNAを導入した。トランスフェクションから約18時間後に細胞を回収し、ルシフェラーゼ活性を測定した。
A. Mock Transfection ControlB. LacZ mRNA Transfection
図4. TransIT-mRNAを用いたCHO-K1細胞へのLacZ mRNAの導入例
キャップ構造とpolyA配列を持ちLacZをコードするmRNAをTransIT-mRNAを用いてCHO-K1細胞にトランスフェクションした。トランスフェクションから約18時間後にMirus社のβ-Galactosidase Staining Kitを用いてLacZが導入された細胞を染色した。
(A) トランスフェクションコントロール(mock) (B) LacZ mRNA

iPS細胞作製での使用例

参考情報

保存

4℃

トランスフェクション試薬選択 オンラインツール

◆選択ガイド

実験目的別に、各標的細胞に最適な遺伝子導入試薬(Mirus社製品)をまとめました。
効率的な試薬の選択にご活用ください。
▶ 遺伝子導入試薬 選択ガイド(Mirus社)

◆検索ツール

“Reagent Agent”は、Mirus社が提供するトランスフェクション試薬の検索ツールです。
細胞と導入する核酸の種類から、推奨されるトランスフェクション試薬を検索することができます。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ