ヒトES細胞由来間葉系前駆細胞

Cellartis® hES-MP 002.5

  • 成人ヒト間葉系幹細胞に高い類似性を有する
  • 骨、軟骨、脂肪といった様々な中胚葉系の細胞へ分化する
  • 継代を重ねても増殖能が保たれ、テロメア長や活性が変化せず、テラトーマを形成しない
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CEL Y10090 Y10090 Cellartis® hES-MP 002.5
1 vial ¥215,000
ヒトES細胞由来分化細胞の使用に関する確認書 説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、ヒトES細胞由来の間葉系前駆細胞で、成人ヒト間葉系幹細胞(hMSC)に高い類似性を有する細胞である(文献1)。本細胞は、骨、軟骨、脂肪といった様々な中胚葉系の細胞へ分化できることが報告されている(文献2、3、4、5)。さらに、分化誘導後、SCIDマウスに移植した時に、奇形腫(teratoma)を形成しない(文献6)。ロット間差が少なく、安定したデータ取得に最適である。
図1. ヒト間葉系幹細胞マーカー遺伝子の発現解析
図1. ヒト間葉系幹細胞マーカー遺伝子の発現解析
Cellartis hES-MP 002.5での、ヒト間葉系幹細胞マーカーのmRNA発現をRT-qPCRにて解析した。CD34およびCD45が陰性、CD44、CD73、CD105およびCD166が陽性であった。CD44、CD73、CD105およびCD166は、初代間葉系幹細胞と同等以上の発現を確認することができた。(ハウスキーピング遺伝子に対する相対値で表示)


図2. Cellartis hES-MP 002.5
図2. Cellartis hES-MP 002.5の細胞像
図3. hES-MP 002.5とhMSCの増殖率
図3. hES-MP 002.5とhMSCの増殖率
長期継代培養した場合、hMSCでは増殖率が低下していくのに対し、hES-MP 002.5では一定の増殖率を維持できている。

内容

Cellartis hES-MP 002.5(1 vial、≧1×106 viable cells)
第5継代の凍結細胞。少なくとも10継代の培養が可能

輸送

-80℃

保存

液体窒素保存。
到着後、ただちに液体窒素中で保存してください。
液体窒素保存ができない場合は、ただちに細胞を融解し、培養を行ってください。
細胞は、シングルセルに分散して凍結保存されています。

その他必要な培地・試薬

・basic Fibroblast Growth Factor (bFGF)  (Peprotech社 Cat. No. 100-18B)
・Dulbecco’s Modified Eagle Medium (DMEM)  (Gibco/Life Technologies Cat. No. 31966-021)
・Fetal Bovine Serum (FBS)  (Gibco/Life Technologies Cat. No.16140)
・Gelatin (Sigma-Aldrich社 Cat. No. G1890)
・D-PBS (-/-) (Gibco/Life Technologies Cat. No.14190)
・Penicillin/Streptomycin (PEST) (Gibco/Life Technologies Cat. No.15140-122)
・TrypLE Select (Gibco/Life Technologies、Cat. No.12563-011)

参考文献

  1. Human embryonic mesodermal progenitors highly resemble human mesenchymal stem cells and display high potential for tissue engineering applications.
    de Peppo GM, et al., Tissue Eng Part A. (2010) 16(7):2161-2182.
  2. Human Embryonic Stem Cell-Derived Mesenchymal Stroma Cells (hES-MSCs) Engraft In Vivo and Support Hematopoiesis without Suppressing Immune Function: Implications for Off-The Shelf ES-MSC Therapies.
    Li O, et al., Plos One (2013) 8(1):1-9.
  3. Free-form-fabricated commercially pure Ti and Ti6Al4V Porous Scaffolds support the growth of human embryonic stem cell-derived mesodermal progenitors.
    de Peppo GM, et al., Scientific World Journal (2012) 2012:646417. Epub 2012 Jan 4.
  4. Differential bone-forming capacity of osteogenic cells from either embryonic stem cells or bone marrow-derived mesenchymal stem cells.
    Both SK, et al., J Tissue Eng Regen Med. (2011) 5(3):180-190.
  5. Osteogenic potential of human mesenchymal stem cells and human embryonic stem cell-derived mesodermal progenitors: a tissue engineering perspective.
    de Peppo GM, et al., Tissue Eng Part A. (2010) 16(11):3413-3426.
  6. Human embryonic stem cell-derived mesenchymal progenitors-potential in regenerative medicine.
    Karisson C, et al., Stem Cell Res. (2009) 3(1):39-50.

ヒトES細胞由来分化細胞Cellartis hES-MP 002.5の使用に関して

本製品は、ヒトES細胞由来の分化細胞です。製品ご購入に際しては、添付の確認書の提出をお願いしています。
確認書に必要事項を記入の上、ご注文の際に弊社販売店までお渡しください。    ヒトES細胞由来分化細胞の使用に関する確認書

関連資料

Cellartis 幹細胞研究用製品ガイド(2015年6月作成)
ダウンロード(8.78 MB)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ