グリセロール-3-リン酸脱水素酵素(GPDH)活性測定キット

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR MK426 MK426 グリセロール-3-リン酸脱水素酵素(GPDH)活性測定キット
  • バルクなど特別対応可能
96回 ¥47,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品はNADを補酵素としてジヒドロキシアセトンリン酸からグリセロール3-リン酸を生成するグリセロール3-リン酸脱水素酵素(GPDH)活性を測定するためのキットである。脂肪合成への動きをモニターするもので、GPDH活性は脂肪前駆細胞が脂肪細胞に分化する際に急増することが知られており、株化されている、もしくは初代培養の脂肪前駆細胞を分化させる実験系において、その分化抑制物質のスクリーニングや分化機構を解明する際に主な分化指標として利用されてきている。そこで本キットは、大量スクリーニングを想定し、一度に多くのサンプル測定が可能なように96ウェルプレート測定用として設計されている。サンプル調製時間および測定時間が短時間で済むことから目的酵素の失活の心配がなく、再現性のあるデータが得られる。

内容

(96ウェルプレート1枚測定分)
1. 96ウェル反応測定用プレート1枚
2. GPDH基質(凍結乾燥品)11 ml用
3. 酵素抽出用緩衝液11 ml
4. 酵素希釈用緩衝液11 ml×2

保存

-20℃

測定原理

次に示す反応におけるNADHの減少を340 nmの吸光度の変化で測定することにより、GPDH活性を測定する。
Dihydroxyacetone phosphate + NADH + H
→ Glycerol-3-phosphate + NAD

特長

  • 試薬調製が簡単である。
  • UV透過性測定専用96ウェルプレートが含まれているため、別途準備する必要がない。
  • UV透過性測定専用96ウェルプレートは、洗浄乾燥することで繰り返し使用できる。ただし、底面に傷をつけないこと。
  • 簡便で迅速な測定が可能である。
  • 96ウェルマイクロプレートリーダーを用いて一度に数多くのサンプルの活性測定ができる。

活性の定義

検体中のGPDH活性(unit/ml)は次式で計算される。
GPDH活性
(unit/ml)
ΔOD340×A(ml) × 検体希釈倍率

6.22×B(ml)×C(cm)

ΔOD3401分間あたりの340 nmの吸光度の減少量
A(ml)全反応液量
B(ml)添加した検体量
C(cm)使用した測定セルの光路長
6.22NADHのミリモル分子吸光係数

なお、30℃で1分間あたり1 μmolのNADHを消費する酵素量を1 unitと定義している。

希釈直線性

ラット褐色脂肪細胞をサンプルとした希釈直線性を示す。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ