1,600万以上の分子タグ付きライブラリー調製

ThruPLEX® Tag-seq Kit

  • 1~50 ngセルフリーDNAや断片化dsDNAからイルミナ社NGS用ライブラリーを作製
  • 1,600万種以上の分子タグ付加によりシーケンスエラーや増幅エラーを高精度に区別可能
  • 1チューブ、2時間の調製時間、3 stepの迅速でシンプルなワークフロー
  • Curio GenomicsソフトやオープンソフトウェアConnorにより分子タグのデータ解析可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN R400584 RB4584 ThruPLEX® Tag-seq 6S (12) Kit
12回 ¥123,000
30%OFFクーポン配布中!
説明書・データシート・ベクター情報
CLN R400585 RB4585 ThruPLEX® Tag-seq 48S Kit
48回 ¥416,000
30%OFFクーポン配布中!
説明書・データシート・ベクター情報
CLN R400586 RB4586 ThruPLEX® Tag-seq 96D Kit
96回 ¥718,000
30%OFFクーポン配布中!
説明書・データシート・ベクター情報

プロトコール:採血・血漿の調製方法
プロトコール:SureSelect XTとの組合せ
プロトコール:SeqCap EZとの組合せ

製品説明

ThruPLEX Tag-seq Kitは、血漿からのセルフリーDNAや断片化dsDNAから、独自のThruPLEX技術により、ユニークな分子タグ(UMT; unique molecular tags)とサンプルインデックスが付加されたNGS用ライブラリーを作製するキットである。ThruPLEX Tag-seq KitのStem-Loopアダプターは、1600万種以上の配列からなる分子タグ(UMT)を含んでいるため、PCR増幅前に個々のDNA断片にUMTを付加できる。その結果、NGSデータ解析で偽陽性率を低減させ、より正確なピークベースコールを行うことができる。さらに、Agilent SureSelect、Roche NimbleGen SeqCap EZ、IDT xGEN Lockdown Probeなどの主要なTarget Enrichmentプラットフォームで特定ターゲット領域を濃縮することにより、低頻度の変異を検出することもできる。

製品名製品コードインデックスの種類
ThruPLEX Tag-seq 6S (12) KitR4005846種類シングルインデックス
ThruPLEX Tag-seq 48S KitR40058548種類シングルインデックス
ThruPLEX Tag-seq 96D KitR40058696種類デュアルインデックス

図1. ThruPLEX Tag-seq Kitの1チューブワークフロー
ThruPLEX Tag-seq Kitは、エンドリペア、アダプターライゲーション、ライブラリー増幅の3ステップで構成されており、1~50 ng DNAからUMTとインデックが付加されたライブラリーを作製できる。全操作は1チューブ内で行えるため、サンプルロスを防ぎ、約2時間でライブラリー作製が完了する。さらにUMTを使用することで、低頻度変異の検出率を上げることができる。


図2.ThruPLEX Tag-seq Kitのテクノロジー
Step 1:断片化二本鎖DNAまたはセルフリーDNA(1~50 ng)のエンドリペア
Step 2:Stem-LoopアダプターのBlunt-endライゲーション
Stem-Loopアダプターは5’末端がブロックされており一本鎖部分がないためアダプター同士のアニーリングやライゲーションは起こらず、バックグラウンドを抑えることができる。
Step 3:ライブラリー増幅
ライゲーション後にStem-Loopアダプターを切断することによってバックグラウンドを抑え、正確性の高いライブラリー増幅を行うことができる。

図3.低頻度アレルの検出
ThruPLEX Tag-seq Kitを使用して30 ngの1% cfDNA標準サンプル(Horizon Diagnostics社)からライブラリーを調製した。Agilent SureSelect Target Enrichment Custom Panelにより濃縮後、約5,000xのカバレッジでシーケンスした。得られた配列データをCurio Genomics bioinformatics platformで解析した。Raw readsの場合、EGFR変異(黄点)はバックグラウンド(灰点)が高く不明瞭であるが(左図)、UMTを利用してデータ補正すると変異が明らかとなった(右図)。


図4.シグナル/ノイズ比の飛躍的増加
30 ng cfDNA標準サンプル(A)または10 ng cfDNA標準サンプル(B)からThruPLEX Tag-seq Kitを使用して、ライブラリーを調製した。NimbleGen SeqCap EZ Custom Panelで濃縮後、HiSeq2500で約5000xのカバレッジでシーケンスした。データはCurio Genomics bioinformatics platformで解析した。

内容

・Template Preparation Buffer (Red)
・Template Preparation Enzyme (Red)
・Library Synthesis Buffer (Yellow)
・Library Synthesis Enzyme (Yellow)
・Library Amplification Buffer (Green)
・Library Amplification Enzyme (Green)
・Nuclease-Free Water (Clear)
・Indexing Reagents

本キット以外に必要な機器、試薬等

  • サーマルサイクラー
  • 微量高速遠心機
  • PCR チューブまたは 96-well PCRプレートとシール
  • ピペットチップ
  • 80% (v/v) エタノール
  • Agencourt AMPure XP beads (Beckman Coulter, CAT. no. A63880)

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ