TaKaRa PCR Human Papillomavirus Typing Set

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 6603 6603 TaKaRa PCR Human Papillomavirus Typing Set
  • カスタム製造について
100回 ¥60,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、さまざまなタイプのHuman Papillomavirus(HPV)において塩基配列の相同性の高い領域に設定したプライマーをconsensus primerとして用いることにより、HPVのE6とE7を含む領域(228~268 bp)を共通にPCR増幅できるセットである。
HPVpU-1M/HPVpU-2Rのプライマー対により悪性型HPV16、18、31、33、35、52 bおよび58型を、HPVpU-31B/HPVpU-2Rのプライマー対により良性型HPV6および11型を増幅することができる。増幅されたDNAフラグメントのHPV型は、別売のEnzyme Set Aを用いたAcc I、Afa I、BmeT110 I (Ava I)、VpaK11B I (Ava II)、Bgl IIでの制限酵素処理とその後の電気泳動パターンにより判別することができる。

内容

(50 μl反応、100回分)*
 HPVpU-1M Primer (悪性型forward primer) (25 pmol/μl)50 μl
 HPVpU-31B Primer (良性型forward primer) (25 pmol/μl)50 μl
 HPVpU-2R Primer (共通reverse primer) (25 pmol/μl)100 μl
 Control Template HPV-TM (悪性型) (1 ng/μl)50 μl
 Control Template HPV-TB (良性型) (1 ng/μl)50 μl

保存

-20℃

原理-プライマーの位置と配列


表1 コンセンサスプライマーと各HPV型の塩基配列の相同性

Control Templateについて

本セットにはPCRによる増幅がうまくいっていることを確認するために、悪性型および良性型HPVのControl Templateが含まれている。(Control Templateを用いた場合の PCR産物は、約60 bpで HPV由来の増幅産物とサイズが異なる。)
それぞれ以下のプライマー対により増幅を確認することができる。

Control TemplateHPV-TMHPV-TB
PrimerspU-1M/pU-2RpU-31B/pU-2R
増幅鎖長(bp)6361

  遺伝子検出・検査 関連試薬の選択フローをご利用ください

分野別の試薬選択フロー
手法別の試薬選択フロー

「検査(PCR/ELISA)」関連のお役立ち情報専用ページもご参照ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ