Provirus Copy Number Detection Primer Set, Human (for Real Time PCR)を用いたプロウイルスコピー数測定方法の原理



レトロウイルスベクターによる
遺伝子導入細胞

ゲノムDNA抽出


Real time PCR(サイクリーブプローブ法)による、レトロウイルスとヒトIFNγの定量


レトロウイルス用検量線

ヒトIFNγ用検量線
DNA
Control
(fg/ul)
DNA
Control
(fg/ul)


プロウイルスコピー数=(a/b)×2


レトロウイルスとヒトIFNγ(インターフェロンγ)それぞれの最適領域が1コピークローニングされたDNA controlを用いて2種類(レトロウイルスとヒトIFNγ)の検量線を作成し、目的サンプルのゲノムDNA中のレトロウイルスとヒトIFNγの定量を行う。
ヒトIFNγの増幅領域はゲノム染色体に1コピーなので、ヒトIFNγに対するレトロウイルスの比率はa/bになり、正常細胞は常染色体が2倍体なので、2を掛けた数字がプロウイルスコピー数となる。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ