リアルタイムRT-PCR用プライマー(カスタム設計)について

インターカレーター法によるリアルタイムPCRに最適なプライマーセットを設計いたします。
なお、ヒト、マウス、ラットのRefSeqデータベース登録遺伝子(NMで始まるAccession IDの遺伝子)および、ウシ、イヌ、ニワトリのRefSeqデータベース登録遺伝子(NMあるいはXMで始まるAccession IDの遺伝子)に対しては、弊社ウェブサイトで公開しているPerfect Real Timeサポートシステム(PRTSS)から、すでに設計されたプライマーセットを選択できる場合がございますのでご確認ください。
※RefSeqデータベース: NCBIにおいて主にGenBankデータベースから選択され、重複がなく正確性や完全性が評価された遺伝子レファレンス配列データベースです。(RefSeq URL: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/RefSeq/

Perfect Real Timeサポートシステムに対応していない設計

Perfect Real Timeサポートシステムでは、基本サービスにある生物種の遺伝子でもプライマーの検索ができないことがあります。その場合、以下の理由が考えられます。

 ・GenBankに新しく登録されたなどの理由で、まだ設計されていない。
 ・設計は可能だが、本システムの基準を満たすプライマーが得られなかった。
 ・プライマー配列は本システムの基準を満たしたが、特異性が本システムの基準を満たさなかった。

本システムの登録遺伝子の設計では一律的な基準を適用しています。カスタム設計によって個々の遺伝子の事情を考慮すれば設計できる場合があります。またヒト、マウス、ラット以外の生物種もカスタム設計で対応いたしますのでご相談ください。
生物種によっては、ゲノム構造やSNPの考慮、相同性検索による配列の確認作業ができない場合がありますが、ご了承ください。

カスタムプライマー設計

  1. ご指定のAccession IDに基づいて公共データベースから設計対象配列情報を取得します。
    ※ゲノムDNAでの設計をご希望の場合には、追加料金として基本料金に¥10,000が加算されます。
  2. 弊社独自のアルゴリズムにより、リアルタイムPCR反応条件に適合し、エキソン/エキソン境界を挟むようなプライマー配列を選択します。
  3. 設計したプライマー配列について特異性確認を行います。
    ※【基本サービス】においては、ご希望により、下に掲げる8種類のうちから1種類に対し、該当生物種のRefSeqデータベース登録配列に対する特異性確認を行います。その他生物種の場合は、特異性確認は【オプションサービス】として承ります。
    H. sapiens(ヒト)M. musculus(マウス)R. norvegicus(ラット)
    B. taurus(ウシ)G.gallus(ニワトリ)C. familiaris(イヌ)
    C. elegans(線虫)A. thaliana(シロイヌナズナ)

価格・納期

サービス項目価格標準納期
リアルタイムRT-PCR用プライマーセット
(カスタム設計)
¥25,000~1セットあたり約2週間

【オプションサービス】
  • 特異性確認
    基本サービス以外の生物種でのプライマー配列の特異性確認を行います。ご指定生物のRefSeqデータベースを調査し、特異性確認用DBを作成した上で特異性確認を行います。
    1生物種あたり¥10,000の追加料金が加算されます。
    複数の生物種で特異性を確認する場合、「特異性考慮の生物種の追加」欄に、ご希望の生物種名をご記入ください。なお、遺伝子によっては配列が極端に類似しているため、区別できないことがあります。区別できない遺伝子については、CycleavePCR系での検出をお勧めいたしますので、別途ご相談ください。
  • 遺伝子間の共通領域に設計
    複数遺伝子の共通領域にプライマーを設計します。
    1領域あたり¥10,000の追加料金が加算されます。「Accession ID」および「遺伝子名」欄にAccession IDと遺伝子名をご記入ください。

ご注文方法

以下のフォーマットにご記入の上、電子メールにてこちらへご送付ください。

ご注意事項

  • Accession IDが特定できない場合は塩基配列のご提供をお願いします。対象遺伝子の調査をご希望の場合、オプションサービスで承ります。
  • RT-PCR用プライマーの場合、ゲノムDNAの影響を避けるためエキソン/エキソン境界を考慮した設計を試みます。Accession IDを基にデータベース登録内容、あるいはUCSC Genome browserにて調査いたしますが、対象生物種や該当遺伝子のエキソン-イントロン構造によっては、目的に合わせた設計が困難な場合があります。
  • プライマー配列の特異性確認を行っていても、データベースに登録されていない配列などの影響により非特異的な増幅が起こることがございますので、ご了承ください。
  • 【基本サービス】で設計されるリアルタイムPCR用プライマーは、弊社下記製品群の標準PCR条件に合わせて設計しておりますが、実験的に反応性の確認は行っておりません。予めご了承ください。

    PrimeScript RT reagent Kit (Perfect Real Time) (製品コード RR037A/B)
    TB Green Premix Ex Taq II(Tli RNaseH Plus) (製品コード RR820S/A/B)
    TB Green Premix Ex Taq (Tli RNaseH Plus) (製品コード RR420S/A/B)

    タカラバイオでは、インターカレーター法のリアルタイムPCR(qPCR)試薬の製品名を2017年10月下旬より順次、「TB Greenシリーズ」に名称変更いたします。製品コードや試薬の性能に変更はありません。
    これまで通りご使用ください。
    なお、ロット切り替え時の変更となりますので、製品ラベルやチューブラベルに先行してウェブサイト、説明書の記載が変更する場合があります。ご了承ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ