前処理不要&操作性向上!ノロウイルス検便検査キット

TaKaRaノロウイルスGI/GII検出キットVer.3

  • 「大量調理施設衛生管理マニュアル」に則った検査が可能
  • 前処理不要、検便上清を反応液に添加するだけでOK
  • 反応液調製は2種類のコンポーネントを混合するだけ
  • 1チューブでGI遺伝子、GII遺伝子、インターナルコントロールを検出
  • PCR増幅産物のキャリーオーバーによる偽陽性を防止
製品写真
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR RR298A RR298A TaKaRaノロウイルスGI/GII検出キットVer.3
  • ライセンス
100回 ¥128,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

ノロウイルス(NoV)は急性胃腸炎の主要な原因ウイルスであり、組織培養法などを用いた分離・検出が困難なため、RT-PCR法やリアルタイムRT-PCR法などによって、ウイルスの検査診断が行われている。
本製品は、リアルタイムRT-PCR法により検便検体からノロウイルス(GIおよびGII)遺伝子を検出するためのキットである。

【特長】

  • 「リアルタイムPCR法」で「大量調理施設衛生管理マニュアル*1に則った検査が可能
    「大量調理施設衛生管理マニュアル」(平成9年3月24日付け衛食第85号別添 最終改正:平成29年6月16日付け生食発0616第1号)に記載された「概ね便1 g当たり105オーダーのノロウイルスを検出できる検査法」に対応。
  • 前処理操作は不要!検便上清を反応液に添加するだけでOK
    鋳型の簡易抽出ステップがなくなることで、操作が格段に簡便になり、検査時間も短縮。
  • 操作フローチャート
    ※Thermal Cycler Dice Real Time System IIIにおける反応時間
  • 反応液調製は2種類のコンポーネントを混合するだけ
    マスターミックスの調製は、RT-PCR Reaction MixとNV Primer/Probe Mix 7を2:1の比率で混ぜるだけで完了(室温調製可能)。ポジティブコントロールも付属している。
  • 1チューブでGI遺伝子、GII遺伝子、インターナルコントロールを検出
    プローブによるマルチプレックス検出を行い、GIとGIIを明確に区別可能。インターナルコントロール検出により偽陰性を防止。
    判定イメージ
    GI(Cy5)、GII(ROX)の増幅曲線を確認。
    ともに増幅が無い場合はIC(FAM)の増幅結果からPCR阻害の有無を確認。
    判定イメージ
  • PCR増幅産物のキャリーオーバーによる偽陽性を防止
    UNG(ウラシル-N-グリコシラーゼ)の働きにより、キャリーオーバーしたPCR産物を分解して偽陽性を防止。

【プライマー・プローブ配列について】

GIおよびGII遺伝子の検出には、厚生労働省通知法*に収載されたものと同様な配列のプライマー、プローブを使用しているが、GII検出系に関しては、一部のプライマーを増幅領域の内側にずらしたもの(GII改良プライマー)を採用している。本製品では、この変更によりGII低コピー検体の検出感度が向上している。
* 「ノロウイルスの検出法について」厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課
(平成15年11月5日付け食安監発第1105001号別添 最終改正:平成25年10月22日付け食安監発1022第1号)

また、GII検出系のプライマー改良による検出性能への効果については、各種検証試験および配列情報の網羅的解析により確認し、群馬パース大学大学院 木村博一教授に監修して頂いた。

「リアルタイムRT-PCR法によるノロウイルス検査には、高感度・特異的ならびに高い再現性が要求されるのは言うまでもありません。これらの点において、今回開発された本キットは、既報と同等あるいはそれ以上の感度でNoV GIおよびGII遺伝子を極めて効率的かつ迅速に検出することが、種々の試験により明らかになったと思われます。」(群馬パース大学大学院 保健科学研究科 木村博一教授)

【検出対象遺伝子とプローブ標識】
検出対象遺伝子プローブ標識
GI遺伝子Cyanine5(レポーター)/ダーククエンチャー
GII遺伝子ROX(レポーター)/ダーククエンチャー
インターナルコントロールFAM(レポーター)/ダーククエンチャー

内容

1. RT-PCR Reaction Mix*1800 μl×2本
2. NV Primer/Probe Mix 7*2800 μl
3. NV Positive Control DNA 475 μl
*1 酵素、基質等を含む。
*2 蛍光標識プローブを含んでいるため、遮光に留意すること。

保存

-20℃

補足資料など

【GII.17 norovirus variant (GII.P17-GII.17) の検出】
配列情報からGII.17 variantは問題なく検出されると推測され、実際に実検体でも検出可能であった。
GII.17 norovirus variant (GII.P17-GII.17) の検出可否について
【Quick Manual】
Thermal Cycler Dice Real Time Systemシリーズ「食品環境検査用ソフトウェア」を使用の場合に便利な“Quick Manual”を用意している。
キットに添付の取扱説明書とあわせて使用する。
Thermal Cycler Dice Real Time Systemシリーズ操作マニュアル -TaKaRaノロウイルスGI/GII検出キット(製品コード RR298A)専用-
【判定ツール】
本製品での取得データから、陰性または陽性(+、++、+++)を判定するツールを用意している。
現在、下記の装置に対応している。
  • Thermal Cycler Dice Real Time Systemシリーズ
  • CFX96 Touch Deep Well Real-Time PCR Detection System(Bio-Rad社)
  • LightCycler 96 System(Roche Diagnostics社)
  • Applied Biosystems 7500 Fast Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific社)
本製品をご購入いただいた方に無償でご提供いたします。詳しくはお問い合わせください。

牡蠣からのノロウイルス検出には、食品環境検査用のTaKaRa qPCR Norovirus (GI/GII) Typing Kit (1 Step)(製品コード RR262A)もしくはTaKaRa qPCR Norovirus (GI/GII) Typing Kit(製品コード RR250A/B)をご利用ください。

キット以外に必要なもの

【器具】
  • マイクロピペット
  • マイクロピペット用チップ(疎水性フィルター付)
【機器】
  • リアルタイムPCR装置(Cyanine5、ROX、FAMを検出可能なもの)
    Thermal Cycler Dice Real Time System III (Cy5) with PC(製品コード TP990)
    Thermal Cycler Dice Real Time System II(製品コード TP900/TP960)
    Thermal Cycler Dice Real Time System Lite(製品コード TP700/TP760)

    注:TP900/TP960、TP700/TP760は、Cy5オプションフィルターの追加が必要です。
    Filter Unit(Cy5) for Thermal Cycler Dice Real Time System(製品コード TP803)
    Filter Unit(Cy5) for LED(製品コード TP703)

    CFX96 Touch Deep Well Real-Time PCR Detection System(Bio-Rad社)
    LightCycler 96 System(Roche Diagnostics社)
    Applied Biosystems 7500 Fast Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific社)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ