キャンペーン

ウイルスを用いた遺伝子導入実験や血球系・幹細胞の拡大培養を行っている方必見!

NEWRetroNectin®無料モニターキャンペーン【10名様限定!】

キャンペーン期間:2017年8月1日~2017年8月31日

レトロ/レンチウイルスベクターを用いたMammalian cellへの高効率遺伝子導入やリンパ球の拡大培養などの様々な実験に使用可能な【RetroNectin】の無料モニターを10名様限定で募集します。
モニターをお願いする方には、製品(通常価格:¥28,000)を無料でご提供します。
まだ、RetroNectinを試されたことがない方は、この機会にお申込みください!
対象製品
RetroNectin (Recombinant Human Fibronectin Fragment)
製品コードTakara Code製品名容量通常価格
T100AT100ARetroNectin® (Recombinant Human Fibronectin Fragment)0.5 mg(0.5 ml)¥28,000

特徴
  • レトロウイルスベクター/レンチウイルスベクターを介する遺伝子導入を促進
  • リンパ球などの浮遊細胞や遺伝子導入が困難な造血幹細胞、Polybreneなどの遺伝子導入補助剤で毒性を示す細胞への遺伝子導入に最適
  • Tリンパ球の培養を増強する効果も有する
  • 細胞培養用ディッシュにコーティングして使用


■応募方法
以下の「お申込み」ボタンをクリックし、必要事項をご記入の上、ご応募ください。
お申込みはこちら
  ※リンク先は社外(Survey Monkey社)のサイトです。
■応募条件
・本製品に興味があり、まだ使用したことがない方
・製品到着後、2017年12月までに評価が可能で、簡単な結果アンケートとデータ提供にご協力いただける方
・日本国内在住の方
(フィードバックいただいた結果を弊社ウェブサイトへの掲載などに利用させていただく場合があります。)
■募集期間
2017年8月1日~8月31日
■当選者の発表
ご応募いただいた方全員に、メールにて抽選結果をお知らせします。
当選者への製品の発送は9月上旬となります。

<RetroNectinのアプリケーション例>

レトロネクチンを用いた間葉系幹細胞(MSC)の拡大培養
レンチウイルスベクターを用いた遺伝子導入方法の比較
RetroNectinを用いた造血系細胞への遺伝子導入
RetroNectinを用いた株化された培養細胞への遺伝子導入
ヒトCD34+造血幹細胞への遺伝子導入
3種類の幹細胞への遺伝子導入例
(レトロネクチン法、ポリブレン法、プロタミン法の比較)

正常ヒト神経前駆細胞への遺伝子導入
浮遊系培養細胞(SUP-T1)への遺伝子導入
レトロネクチン®共刺激によるTリンパ球(T細胞)拡大培養