キャンペーン

組換えレンチウイルス実験を行っている方必見!

NEWレンチウイルス実験☆無料モニター募集【5名様限定】

キャンペーン期間:2017年9月1日~2017年9月29日

高力価レンチウイルスベクターを調製するためのパッケージング試薬【 Lentiviral High Titer Packaging Mix 】とレンチウイルス産生用のトランスフェクション試薬【 TransIT-Lenti Transfection Reagent 0.1 ml 】をセットでご使用いただける方を対象に、無料モニターを5名様限定で募集します。

現在、組換えレンチウイルス実験を行っている方で、まだLentiviral High Titer Packaging MixおよびTransIT-Lenti Transfection Reagentを試されたことがない方は、この機会にお申込みください!

■モニター製品

その1 ◆高力価レンチウイルスベクター調製用パッケージング試薬
製品コードTakara Code 製品名 容量価格(税別)
61946194 Lentiviral High Titer Packaging Mix 60回¥174,000
特徴
  • 高力価のレンチウイルスベクター調製のためにパッケージング機能を最適化
  • VSV-Gエンベロープにより広範囲な細胞種に導入可能
  • ウイルス遺伝子の分割導入により、複製能を欠く安全な組換えレンチウイルスを産生
  • 3'LTR/ΔU3のpLVSINベクターと組み合わせてP2実験が可能(注:挿入遺伝子による)
その2 ◆レンチウイルス産生用のトランスフェクション試薬
製品コードTakara Code 製品名 容量価格(税別)
MIR6610V6610S TransIT®-Lenti Transfection Reagent Sample 0.1 ml
特徴
  • 機能性レンチウイルス粒子の高生産
  • 培地交換不要の簡便プロトコール
  • 動物由来成分不含

<レンチウイルス産生の概要>
レンチウイルス産生の概要

■応募期間

2017年9月1日(金)~9月29日(金)

■応募方法

以下の「お申込み」ボタンをクリックし、必要事項をご記入の上、ご応募ください。
⏩ お申込みはこちら
※リンク先は社外(SurveyMonkey社)のサイトです。

■応募条件

  • モニター製品その1およびその2に興味があり、まだ使用したことがない方
  • 製品到着後、2017年12月中に両製品をセットで使用した評価が可能で、簡単な結果アンケートとデータ提供にご協力いただける方
  • 日本国内在住の方
    (フィードバックいただいた結果を弊社ウェブサイトへの掲載などに利用させていただく場合があります。)

■当選者の発表

  • ご応募いただいた方全員に、メールにて抽選結果をお知らせします。
  • 当選者への製品の発送は10月上旬となります。

<Lentiviral High Titer Packaging Mixのプロトコール・アプリケーション例>

Protocol
目的遺伝子を搭載したpLVSINレンチウイルスベクタープラスミドの構築
pLVSINレンチウイルスベクタープラスミドからの組換えレンチウイルスの産生
組換えレンチウイルスの力価測定
組換えレンチウイルスを用いた標的細胞への遺伝子導入(トランスダクション)例
Application
レンチウイルスベクターを用いたヒトiPS細胞への遺伝子導入とシングルセルクローニング
レンチウイルスベクター【CSII-CMV-MCS-IRES2-Venus】と【Lentiviral High Titer Packaging Mix】によるウイルス調製実験
【Lentiviral High Titer Packaging Mix】により作製したレンチウイルスベクターの感染能の確認
Lentiviral High Titer Packaging Mixと他社Kitで調製した組換えレンチウイルスの力価比較
Lentiviral High Titer Packaging Mixと他社Kitで調製した組換えレンチウイルスの感染効率比較
各種初代培養細胞への感染
レンチウイルスベクターを用いた遺伝子導入方法の比較

▲このページのトップへ

■関連製品

●便利・ワンステップで高力価のレンチウイルスベクター作製用パッケージング試薬
製品コードTakara Code 製品名 容量価格(税別)
631275Z1275N Lenti-X™ Packaging Single Shots (VSV-G) 16回¥140,000
特徴
  • レンチウイルスベクタープラスミド溶液を加え、293T細胞培養に添加するだけの簡便プロトコール
  • 高タイター(107~108 IFU/ml)レンチウイルス溶液の作製が可能
  • トランスフェクション試薬が不要
  • エンベロープとしてVSV-G型とEcotropic型(gp70)を用意
●SIN型レンチウイルスベクター
製品コードTakara Code 製品名 容量価格(税別)
61826182 pLVSIN-CMV Hyg Vector 20 μg¥61,000
特徴
  • 初代培養細胞、非分裂細胞を含むほぼすべての哺乳類細胞に遺伝子導入が可能
  • 3'LTR/ΔU3のSIN型ベクターであり安全性が高い
  • WPRE、cPPTなどにより導入効率と導入遺伝子の発現レベルが向上
  • サイレンシングが起こりにくいEF1αプロモーター搭載タイプもラインナップ
  • Lentiviral High Titer Packaging Mixとの組合せで高力価ウイルスを産生

▲このページのトップへ