キャンペーン

NEWロングリード次世代シーケンサー ナノポアシーケンス解析キャンペーン

キャンペーン期間:2018年6月4日~2018年8月31日

タカラバイオでは、ナノポアシーケンサー GridION X5(Oxford Nanopore Technologies社)を導入し、受託サービスプロバイダーとして高品質なデータをご提供しています。 ナノポアシーケンス解析は、下記のようなアプリケーションにご利用いただけます。

GridION X5 ヒト・マウスの全ゲノムシーケンスによる染色体構造解析
非モデル生物のゲノム配列構築
長鎖シーケンスによる繰り返し配列の解析
ロングリードシーケンスの導入に先立つ予備検討



GridION X5

1分子ロングリードシーケンサー
一度に最大5つのFlow Cellを使用可能


ナノポアシーケンス解析の流れ
ナノポアシーケンス
ご提供いただいたDNA、cDNAからライブラリーを作製
DNA量により2種類(8 kbまたは20 kb)のライブラリーから選択

GridION X5でシーケンス
 ※リード長とクオリティの分布はこちらをご覧ください。

・fast5
・fastq


<納品物>
・作業報告書  ・シーケンスデータ(fast5およびfastq)



価格

データ量保証・有のサービスも開始しました
データ量保証・無
※1 flowcellで3~8 Gbase相当となります。

・ 1 flowcell キャンペーン価格 22.5万円
・ 2 flowcell キャンペーン価格  40万円
・ 5 flowcell キャンペーン価格  80万円
・ 10 flowcell キャンペーン価格 150万円

※検体数は1検体/flowcellまで対応可能です。
※上記以外のフローセル数をご希望の場合はお問合せください。
データ量保証・有
※8 kbライブラリーのみの対応となります。

・ 15 Gb保証  59万円
・ 30 Gb保証 92.5万円
・ 45 Gb保証 150万円
・ 90 Gb保証 220万円

※1検体での価格です。
※上記以外のデータ保証をご希望の場合はお問合せください。

※表示価格はすべて税別です。


■ 提供サンプル



※提供DNA量が上記に満たない場合、ご相談ください。
DNA抽出のオプションサービスもございます。お問合わせください。


■ リード長とクオリティの分布



■ ナノポアシーケンスデータは以下のアプリケーションへの活用が期待されます。

ゲノム構造解析
・全ゲノムシーケンスによる染色体構造変異(SV)検出
・コピーナンバーバリアント(CNV)検出 など

ゲノム配列解析
・微生物ゲノム配列構築
・ゲノム配列のギャップクローズ など
トランスジーン挿入位置解析
・遺伝子導入細胞、トランスジェニックマウスのトランスジーン挿入位置解析
・ノックインゲノム編集によるオフターゲット解析 など
cDNA配列解析
・新規トランスクリプトの検出 など


■ チラシ

ナノポアシーケンス解析キャンペーン



ナノポアシーケンス解析キャンペーンに関するお問合せはこちら