この画面を閉じる

Protocols

プロトコール集Topへ

核酸電気泳動

試薬
NuSieve GTG Agarose
トリス酢酸緩衝液(pH8.0)〔TAEと略記〕
40 mMTris-HCl
20 mM酢酸ナトリウム
2 mMEDTA
染色液 500 μg/L エチジウムブロマイド
器具
ヒートスターラー台、スターラーバー(大型)1組
先を太くしたパスツールピペット1本
65℃に保温可能な温浴槽1槽
電気泳動装置EP500TまたはEP600T一式
UVイルミネーター
操作手順
  1. アガロースの溶解
    1)アガロース6 gを150 mlのTAEに少量ずつ加え撹拌する。
    2)完全に分散し、塊が認められなくなったことを確かめてから加熱スイッチを入れ、60~70℃に保ち、スターラーで撹拌する(完全に溶けない場合は、グラスウールで塊を除去して使用する)。
    3)溶かしたアガロースは、60~65℃の温浴で保温しておく。
  2. ゲルの作製
    1)ゲルトレーを泳動槽にセットし、トレーの両側にゲルトレー用間仕切り板を差し込む(アガロースが漏れないようにきっちりと差し込むこと)。
    2)サンプルコーム等のセットが全て完了してからゲルを流し込む。
    3)固化後、TAEをゲル上3 mmまで入れ、コームを注意して抜く(TAEで満たす前にコームを抜くと、ウェルが乾燥してしまうので注意)。
  3. 試料およびマーカーのアプライと泳動
    1)ウェルに、サンプル、マーカー(BPB)を分注。
    2)70 V、約3時間で泳動が完了する(5 V/cmゲル)。
  4. 染色
    染色液に30分間浸漬する。
  5. 脱色
    蒸留水に15分間静置浸漬する。これを2回繰り返す。
結果
UVイルミネーターにより、染色バンドを観察する。

図2 核酸アガロース電気泳動
4 μg DNA
Lane 1:φX174-Hae III
2:pBR322-Alu I
3:pUC19-Alu I
4:pUC19-Hae III
2 μg DNA
Lane 5:φX174-Hae III
6:pBR322-Alu I
7:pUC19-Alu I
8:pUC19-Hae III
この画面を閉じる