この画面を閉じる

Protocols

MiraCLEAN® Endotoxin Removal Kit

MiraClean® Endotoxin Removal Kit

製品コード MIR5910/MIR5900
(用意するもの)
0.5~1 mg/ml DNA サンプル in TE Buffer
エタノール(-20℃)
1.5 ml マイクロチューブ
50℃ 恒温層 またはヒートブロック
微量高速遠心機
ボルテックスミキサー


  1. EndoGo Extraction Reagentを室温に戻す。使用前にvortexで攪拌する。
  2. DNA サンプルを、TE Bufferまたは滅菌蒸留水で0.5~1.0 mg/mlに希釈する。
  3. DNAサンプルの1/10 volumeのMiraCLEAN Bufferを加える。(例えば、DNAサンプルが100 μlのときは、10 μlのMiraCLEAN Bufferを加える。)
    ※サンプル量が多い場合は、1本のマイクロ遠心チューブに、1.2 ml以下になるようにサンプルを分注する。
    ※サンプル量が50 μl以下の場合は分離がむずかしくなるので、サンプルは50 μl以上を推奨する。
  4. 少なくとも5分間氷中にチューブを置く。15分以上置いてはいけない。
  5. チューブに0.03 volumeのEndoGO Extraction Reagentを加える。
    ※EndoGO Extraction Reagentは粘性が高くプラスチックに粘着するため、チューブの壁面につけず、DNAサンプル中に直接加えるようにしてください。
    ※EndoGO Extraction Reagentは少量をピペットでとるのはむずかしいため、先を切ったピペットのチップを用いて、ゆっくり目的の量をとってください。
  6. チューブをvortexで攪拌後、氷中に5分間置く。(途中で2~3回vortexを行う。)
  7. 50℃で5分間インキュベートする。
  8. 室温で14,000×g以上で約20秒遠心する。
  9. チューブをゆっくり遠心機から取り出す。注意深くチューブを傾けて、上層の透明な水層(DNAを含む)を、下層との境界面を壊さないように、ピペットを用いて注意深く 新しいチューブに移し、氷中に置く。エンドトキシンはピンク色の下層に含まれる。
  10. 必要なら、5.~9.の操作を繰り返す。この操作を繰り返すことにより、エンドトキシンの除去率はあがるが、DNAの収率は1回の操作で約5~10%のロスは生じる。 2~3回の操作を繰り返すことにより、エンドトキシンを完全に(30 EU/mg以下)除去することが可能である。
  11. DNAに2倍量の100%エタノール(-20℃)を加える。-20℃で一晩(またはさらに低温で30分以上)置く。
    14,000×gで4℃で20分遠心する。上清を除き、沈殿を70%エタノールで洗浄する。
    14,000×gで4℃で20分遠心する。上清を除き、沈殿を目的のバッファーで溶解する。
この画面を閉じる